グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

幸運とはチャンスと準備の交差点

おはようございます、フジモトです。

箱根駅伝もいよいよ復路ですね。東洋大が日体大を抜くことができるのか?それとも明大がごぼう抜きか!?会社の前をちょうど通りますので、相場を横目に陰ながら応援したいと思います。

昨日NY時間のユーロドルは1.3160ドルで3回も止められましたね。1.3150-1.3300ドルのレンジ相場です。今朝はモデル系の売りで1.3190ドルから1.3178ドルまで小幅に下落。1.31ドル台半ばで拾って、明確に下抜けるようならついていきたいです。

ところで、クロス円の日足チャートをあまり見ていなかったのですが、ポンド円、豪ドル円、カナダドル円は概ね一目の転換線で拾っていれば笑いが止まらないチャートでした。「たられば」を言っても過去には戻れないのですが、準備不足を痛感した次第であります。「チャンスの神様は前髪しかない」「幸運とはチャンスと準備の交差点」・・・肝に銘じたいです。

今日は「財政の崖」も回避して穏やかな休日相場となりそうです。休日だからこそ出来る準備を行いましょう。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

NYダウ、300ドル超の上げ

おはようございます、IVです。

終わってみればNYダウは300ドル超の上げ。減税失効と歳出の強制削減が重なる米「財政の崖」が回避され、投資家心理が改善したことが背景ですが・・・それにしても強すぎます。基本、マネーがじゃぶじゃぶで「バブル」を形成しつつあるのかもしれません。いずれにせよ、「リスク・オン」方向の相場が続く可能性が高そうです。もっとも、ピッチが速すぎますので、「調整」を常に意識しておきたいところではあります。

「押し目待ちに押し目なし」ですが、あるディーラー曰く「こういうときは、えいやっ!で買うしかない」。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ユーロドル、レンジ下限

こんばんは、IVです。

ユーロドルは軟調な展開となっています。一時1.3157ドルまで値を下げました。特にユーロ売り材料が伝わったわけではなく、ロンドン・フィキシング(日本時間1時)に絡んだユーロ売り・ドル買いのフローが出たようです。ただ、「材料のないときの動きこそ、本当のトレンド」とも言います。一応、直近レンジ1.3150-1.3300ドルの範囲内にありますので、ショートはいったんスクウェアに。打診的にロングにしても面白そうです。

ユーロドルの日足チャートを見ると、12月5日の高値1.3127ドルを下抜けるまでは大きなトレンドに変化はないと見ています。それまではレンジ取引を続けて、どちらかにブレイクしたら改めて検証していきたいところです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

Buy on dips/Sell on rallies

こんばんは、IVです。

2013年が始まりました。為替市場は本日2日よりオープン。東京市場は休場でしたが、大手欧米外銀数行のディーラーの方は休日出勤しておりました。欧米勢はきょうから参戦です。

ドル円は日銀の一段の金融緩和期待が根強いため、21-22日の日銀金融政策決定会合までは「Buy on dips」で良いのではないでしょうか。一方で、ユーロドルについては依然として1.33ドル台が重い印象ですので1.33ドル台を明確に上抜けるまでは、「Sell on rallies」で臨みたいと思います。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

一気にリスク・オン

明けましておめでとうございます、フジモトです。

2013年は年明けから「財政の崖」関連のニュースでバタバタです!

米上院は1日、「財政の崖」回避に向けて、年収45万ドル以下の世帯への減税延長や強制歳出削減の2カ月間延期などを盛り込んだ法案を89対8で可決し、下院へ送付しました。米下院は財政協議を再開しましたが、共和党のキャンター下院院内総務が「法案を支持しない」との見解を示しました。理由は歳出削減が欠如しているため。下院共和党は財政合意に関して日本時間7時15分に会合を開き、「3300億ドルの歳出削減を模索している」と報じられました。

一方、上院ではリード上院院内総務が「上院は3日朝まで休会する」ことを明らかにしたほか、「上院は財政法案に対する下院の変更を検討することを拒否する」と伝わるなど、有無を言わさぬ姿勢。ベイナー下院議長とキャンター下院院内総務が共和党議員に対し「上院が可決した財政法案を変更すれば、上院が変更を検討する確実性はない」と警告するなど、下院が財政法案を変更してもダメだ・・・という雰囲気が高まります。

その後、共和党のコール下院議員が「上院の財政法案は今晩下院を通過するだろう」「共和党の過半数が上院の財政法案に賛成票を投じる」などの見解を示すなどお手上げムード。「下院共和党は上院の財政法案に歳出削減を追加する取り組みを断念」と報じられ、下院が上院の財政法案を可決する見通しが高まりました。

「下院は上院が可決した財政法案の投票を日本時間11時に開始する」「下院は財政合意に関して日本時間13時15分に最終投票を計画」と伝わると、一気に「リスク・オン」の様相に。ドル円は87.18円、ユーロドルは115.94円、ユーロドルは1.32995ドルまで急伸しました。

さて、下院が上院の財政法案を可決した後が見ものです。「材料出尽くし」の利食いに期待しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。IVです。

NY市場は大晦日の取引がスタートして4時間ほど経ちました。注目の米財政協議ですが、複数の通信社が「米『財政の崖』回避に向けた協議は進展している」と報じたことで、時間外のダウ先物が急伸。投資家がリスクを取りやすくなるとの見方から円売り・ドル買いが優勢となりました。米長期金利が上昇し、日米金利差拡大への思惑から円売り・ドル買いが出た面も。さらに年末のロンドン・フィキシングのドル買いのフローが入ったことで一時86.55円まで値を上げました。

前週末の高値86.64円をバックに軽く戻りを売ってみたい気もしますが・・・結局は米財政協議次第でしょうか。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

夜中1時に協議再開

こんばんは、IVです。今年も残すところあとわずかです。もう今年のトレードはしないと決めた投資家の方も多いと思いますが、ニュースだけはしっかりとチェックして来年のトレードにつなげたいところですね。

さて、米国の「財政の崖」をめぐっては、上院の民主・共和指導部がぎりぎりの調整を進めていますが、30日の協議でも打開策は見いだせなかったようです。上院はいったん審議を打ち切り、日本時間1月1日午前1時)に審議を再開します。ここからは正念場です。年明け早々「リスク・オフ」の動きが強まり、マーケットが荒れる可能性には注意したいところですね。中長期的には「良い調整」になってくれると考えていますので、いずれにせよ問題はないかと。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告

スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ