グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

週末(1月25日)の売買結果

 おはようございます、翔です。

 週末(1月25日)の戦略に沿った売買結果です。

ユーロ円

売買:買い
エントリー:120.801円
損切り:119.465円
利食い:122.137円

・結果
→利食に到達しました。損益は133.6pipsでした。

ユーロドル

売買:売り
エントリー:1.33684ドル
損切り:1.34040ドル
利食い:1.32616ドル

・結果
→損切りに到達しました。損益は-32.2pipsでした。

※当記事は前営業日に掲載したテクニカル分析に沿って売買をした場合の想定結果になります。最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

押し目買いのチャンス?

こんにちは、Dice-Kです。

ドル円は91.26円まで上昇しましたが、91.30円にあるとされる得体の知れない売りに上値を抑えられてしまいました。そこを上抜けると91.50、91.60円にはストップロスがあるようなので、91.30円付近がキーのようですね。ただ、日経平均株価が弱含み、甘利明経済再生担当相「ダボス会議で私の説明後に危惧を持っているとの指摘はなく、円安誘導の批判はなかった」との見解を示しても上がらずと、現状は支援材料に乏しいです。

もっとも、円売りの流れが崩れるような決定的な事態にはなっていないので、ここは押し目買いでいきたいところ。前週末の24時以降に下押しした90.76円やニューヨーク時間安値の90.66円などが目処になりそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

目標到達で達成感出るか

おはようございます、Dice-Kです。

ドル円は91.10円台まで上げるなど小高く始まりましたが、前週末高値の91.20円がいったん意識されているようですね。目先の大きな節目であった90.75円を上抜けたことで達成感が出る可能性がありますが、本日のアジア時間のイベントは
○08:50 ◇ 12月企業向けサービス価格指数
のみで材料は乏しいです。やはり株にらみの動きになりそうですね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

投機筋、円ショート(ドル円のロング)微減

おはようございます、フジモトです。

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表した1月22日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で非商業部門(投機筋)の円の対ドル持ち高は売りと買いの差し引きで6万4068枚の売り越し(ドル円のロング)となったことが明らかになりました。

前週の6万5727枚の売り越しから1659枚の微減。12月11日時点の9万4401枚の売り越しから6週連続の減少となりました。一方で、ユーロの買い越しが前週の7315枚から2万1381枚に増加と目立っています。短期投機筋は円売りというよりユーロ買いを進めていたようですね。

今週ももうすぐ終わりです。TGIFならぬTGIS!ユーロ円は昨日から5円以上の上昇とあって、ユーロ円長者も生まれたのではないでしょうか。ユーロ買いを放置するのが難しい・・・いい材料ばかり続きましたが、続くときは続くもんです。来週月曜日は22時30分の米耐久財受注、24時の米住宅販売保留指数が注目ですが、豪州やNZが休場とあってアジア時間はなにもなさそう。週末の引けにかけて利食い売りが出ていて、週明けは調整に注意が必要かなと考えています。ダボス会議でビックリ発言がなければ。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ユーロ買い一服

こんばんは、フジモトです。

欧州時間はユーロ買いが優位となりました。欧州中央銀行(ECB)の3年物長期資金供給オペ(LTRO)を通じた資金供給の返済額発表を20時に控えて、思惑的なユーロ買いが先行。1月独Ifo企業景況感指数が104.2と市場予想平均の103.0を上回ったことがわかると、ユーロ買いが加速しました。独株価指数が急伸したうえ、時間外のダウ先物やナイト・セッションの日経平均先物が上げ幅を拡大したこともユーロ買いを後押ししました。

ECBは25日、LTROを通じた資金供給のうち、30日の返済額が1372億ユーロになると発表。「返済額が市場予想の840億ユーロより多く、ECBのバランスシート縮小につながるとしてユーロ買いを誘った」との声もあって、ユーロドルは1.3470ドル、ユーロ円は122.76円まで値を伸ばしました。

ただ、22時45分時点では1.3446-49ドル、122.34-39円で推移しています。12月カナダCPIが前月比0.6%低下となり、市場予想平均の前月比0.2%低下を下回ったほか、前年同月比も0.8%上昇と市場予想平均の1.2%上昇を下回りました。食品とエネルギーを除いたコア指数も前月比で0.6%低下、前年同月比では1.1%上昇と市場予想平均の前月比0.2%低下、前年同月比1.4%上昇をいずれも下回りました。昨日、BOC声明として「刺激策解除のタイミングは以前の予想より差し迫っていない」と伝わり、カナダ利上げ観測が後退しましたが、今日のCPIでそれが確認された形。対円やドルでカナダドルが売られると同時にユーロも売られたようです。

週末要因の利食い売りの可能性も十分あるでしょう。ユーロドル、ユーロ円ともにブル目線ですが、ダウ平均の動向と利食い売りには注意したいです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ついに90.75円突破

こんばんは、IVです。

日経平均先物がナイト・セッションで1万1000円台を回復したことなどを手掛かりに、円売り・ドル買いが先行。ダブルノータッチオプションが設定されていた90.75円突破を狙った仕掛け的な買いも入ったようで、一時90.92円と2010年6月22日以来の高値まで上値を伸ばしました。

ドル円は90.75円を上抜けたことで、上値余地が広がっています。「91円台前半にはストップロスが集まってきている」との指摘もあるだけに、上サイドに大きく動く可能性があります。ただ、各国の金融当局者からは日本の円安政策をけん制する発言が相次いでいます。ダボス会議が27日まで開催されるため、海外要人の発言などには注意したいところですね。「週末に発言が伝わる可能性があり、週末リスクも意識される」との声が聞かれています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ユーロが堅調、バリアをこなせるか

こんにちは、Dice-Kです。

ユーロドルは直近高値の1.3404ドルを上抜けて、1.3420ドルまで上げてきました。LTROの償還絡みの特殊玉が入っているとの噂もありますが、1.3425ドルや1.3450ドルに観測されているバリアオプションを上抜けられるか注目したいところ。規模は1.3450ドルのほうが大きいそうです。

一方、リスクイベントとして意識したいのが18時30分に発表される10-12月期英国内総生産(GDP)速報値。マイナス成長が予想されており、弱い結果になれば世界経済の改善期待に水が差される可能性もあります。ユーロポンドの上昇で相殺されればいいのですが。。。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
バナー広告の掲載について
サイズ:最大160x600
形式:GIF/PNG/JPG
属性:alt属性が設定可
掲載期間:一ヶ月単位

詳細はこちらまでお問い合わせ下さい。

スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ