GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

景気は気から

こんばんは、フジモトです。

米財政問題がひとまず解決し、市場のテーマが「政府機関閉鎖の悪影響でFRBが量的緩和を長期化せざるを得ない」 ことに移っていますね。それを確かめるためにも、来週22日の9月米雇用統計が重要となってきます。ただ、仮に良かったとしても過去の数字であることがネックとなりそう。政府機関閉鎖の影響でマインドが悪化するなか、ISMなど景気指数の低下、その先にある量的緩和の長期化を織り込む形でドル売りが進んでいます。このマインドを変化させるには、やはり強気の経済指標が必要となってきますし、弱い経済指標が出ればドル売りで反応しやすい相場かなと見ています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

GPIF、ついに始動?

こんばんは。越後屋です。

97円台半ばで下値の堅さを確認したドル円が買い戻しを進めてきました。一部報道で「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)はPE(プライベート・エクイティ)ファンド投資を本格化。民間の専門家を採用した」と伝わったため、ついに本格始動するのではとの期待から買いが入ったようです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロドルの上値はいったいどこだ

こんばんは。越後屋です。

 昨日に引き続き欧州時間に入ってからユーロドルの買いが目立っています。やはり2月1日高値の1.3711ドルが意識されているみたいですが、月足のチャートでも、一目均衡表雲の下限が1.3708ドルに位置しているなど1.37ドル台前半は重要そうですね。そのせいか1.3711ドルを上抜けたところにはストップがあると伝わっていますので、つけ終わった後には調整売りが出そうではありますね。さらなる上値目処としては一目上限の1.3956ドルや長期スパンですが、2008年7月16日高値1.6040ドルから2010年6月9日安値1.1876ドルの半値戻しが1.3958ドルとほぼ上限と重なっているので1.3950ドル半ばが肝となりそうですが、まあここまではないでしょう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル円、下落 97円台の買いに期待OK?

こんばんは、IVです。

為替市場ではドル安が進行しています。主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時79.577と2月7日以来の低水準を付けています。当然、ドル円も下落。一時97.78円まで値を下げています。なお、さきほど某インターバンクディーラーから連絡があり、「どうも97円台半ばには長期資金の買いがあるらしいよ」とのこと。あくまで個人的な見解ですが「たとえGPIFの買いがあったとしても、テーパリングの時期が不透明になっている“今”は買いたくない」というのが本音です。無理は良くない・・・

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

今後のイベントスケジュール

○20:15 ◎ モルガン・スタンレー第3四半期決算(予想:1株利益0.400ドル)
○21:00 ◎ ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演
○21:30 ☆ 9月カナダ消費者物価指数(CPI、予想:前月比0.1%/前年比1.1%)
     ☆   食品とエネルギーを除くコア指数(予想:前月比0.3%/前年比1.4%)
○~22:30 ◎ ゼネラル・エレクトリック(GE)第3四半期決算(予想:1株利益0.354ドル)
○19日02:00 ◎ タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
○19日03:00 ◎ エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
○19日04:40 ◎ ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
○19日05:30 ◎ スタインFRB理事、講演

※米政府機関が一部閉鎖された影響で、指標発表日時が流動的になる可能性があります。
※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロドル、年初来高値に接近

こんにちは、IVです。

東京市場では全く動かない為替相場でしたが、欧州勢が加わる時間帯に入ると、徐々に動きが。ユーロドルは前日の高値1.3682ドルを上抜けて、一時1.3690ドルまで値を上げています。インターバンク市場へのヒアリングでは「1.3700ドルにはまとまった規模の売り注文が観測されている一方、年初来高値である2月1日の高値1.3711ドルより上の水準には断続的にストップロスの買いが観測されている」との指摘がありました。ストップが見えているだけに1回は付けに行きそうな雰囲気なんですがどうでしょうか?

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

南アランドの買戻しが長続きしないとの声も

皆様、こんにちは、Tamaraです

南アランド相場は米債務不履行が回避された影響で、エマージング通貨全般と並んで買い戻されている。ドル・ランドは17日、3週間ぶりの安値9.7575ランドを付けたほか、ランド・円は9月25日以来10.032円まで買い上げられる場面があった。ただ、市場関係者からは中期的にランドの安定した堅調なトレンドを期待しにくいとの声が聞かれている。米債務関係の材料が出尽くしとなれば、市場の焦点は再び南アの労使不安(特に鉱山部門)や拡大しつつある経常赤字に移る公算がある。ゴーダン財務相が10月23日に議会で予算中間報告を行うことが意識されやすく、ランド相場の上値が次第に重くなりそうだ。

ランド・円の日足チャートを見ると、10.125円に見られる200日移動平均線が目先の上値目処として考えやすい。ただ、下サイドでは9.777円まで一目均衡表雲の領域となり、一方的な売りの可能性も低い。週明けに10.00円を挟んで方向間が乏しい展開となりそうだ。その後、22日の9月米雇用統計の結果や23日のゴーダン財相の南ア予算中間報告の内容次第にランド相場への大きな影響が出る公算がある。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ