グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ユーロ円・テクニカル戦略

 こんにちは、翔です。

 週末のユーロ円は下落となりました。本日も窓を開けて大幅に売られることとなっています。

 現在は、スローストキャスティクス、RSIがはっきりと売りシグナルを示している状況です。MACDも緩やかに下落することとなっています。更に、一目均衡表雲の上限を下回っており、このレベルがレジスタンスとして注目されることとなりそうです。

 本日は非常に上値が重い展開が想定されますので、しっかりとショートメイクしてみたいと思います(成行:122.354円)。損切りの目処は123.054円。利食いの目処は120.954円(損切り幅の2.00倍)を考えています。

売買:売り
エントリー:122.354円
損切り:123.054円
利食い:120.954円

※ 当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。利食い、損切り、どちらにも届かなかった場合は、翌朝の8時にポジションを閉じることを想定しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

前営業日(3月15日)の売買結果

 おはようございます、翔です。

 前営業日(3月15日)の戦略に沿った売買結果です。

ユーロ円

売買:売り
エントリー:125.14円
損切り:125.84円
利食い:123.74円

・結果
→利食に到達しました。損益は+325.6pipsでした。

豪ドル円

売買:買い
エントリー:99.68円
損切り:98.98円
利食い:101.08円

・結果
→損切りに到達しました。損益は-71.2pipsでした。

※当記事は前営業日に掲載したテクニカル分析に沿って売買をした場合の想定結果になります。最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

キプロス・ショック!!

おはようございます、Dice-Kです。

週明けはまさかのキプロス・ショック!!ユーロ圏財務相会合は銀行預金への課税措置を盛り込んだ100億ユーロ規模のキプロス救済計画で合意したのですが、ダイセイプルーム・オランダ財務相(ユーログループ議長)は会合後に、「キプロスが支援を受ける条件として、同国は10万ユーロ未満の銀行預金に6.75%の課税、10万ユーロ以上の預金に9.9%の課税を実施する」と説明しました。これを受けて、キプロス国内では週末に預金者がATMに殺到。ATM内の現金が数時間で枯渇するケースも出るなど、キプロスで大混乱が生じています。
為替市場ではユーロ売りはもちろん、リスク回避の動きとして全般に円買いが優勢に。ドル円は93.45円まで下落。ユーロ円に至っては121.45円まで前週末から3円超の急落となっています。
ちょっと今後の動きが読みづらいですね。ドル円は東京時間は戻りを試すだろうとの見方が強いようですが、節目の95.00円付近で頭を抑えられるようなら、戻り売りが再び出るかもしれません。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

投機筋、円ショート(ドル円のロング)大幅増加

おはようございます、フジモトです。

米商品先物取引委員会(CFTC)が15日発表した3月12日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で非商業部門(投機筋)の円の対ドル持ち高は売りと買いの差し引きで9万3763枚の売り越し(ドル円のロング)となったことが明らかになりました。前週の7万3351枚から2万412枚増えています。久しぶりの大幅増加ですね。

8日の米雇用統計が強かったうえ、11日の深夜に日経新聞電子版が「追加緩和、前倒し決断も 黒田氏が臨時会合を示唆」と報じたため、投機筋の円売り・ドル買いが膨らんだものと思われます。

来週のドル円相場ですが、いよいよ日銀の新体制が発足。臨時の金融政策決定会合で金融緩和が前倒しされるとの思惑が再び高まれば、買われやすいかと思います。良好な米経済指標が相次ぐなかで、FOMCの声明やバーナンキFRB議長の定例記者会見で出口戦略に関する言及があれば、買いが加速しそうです。ただ、年度末を控えた本邦輸出勢の売りのフローには要注意です。今週もお疲れ様でした!

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロドルの1.31ドル台

こんばんは、フジモトです。

ドル買い相場だと思っていましたが、あれよあれよという間にドル安が加速。米シンクタンクが「FRBの金融緩和は続く」的な何の驚きもないレポートを出したことがきっかけのようですが、みんながドル買いに傾いていた分、絶叫のドル売りになったのかもしれません。

ユーロドルは1.3107ドルまで上昇しましたが、個人的にはいいところまで戻ったのではないかと考えています。2月26日から1.31ドル台での上値の重さが目立っているので、2月28日の直近高値1.3163ドルを上抜けるまでは戻り売りを考えています。ここを上抜ければ、さらにショートカバーが進みそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

13日安値がまずは目先の目処に

こんばんは、Dice-Kです。

ドル円はNY時間に入って下げ幅を広げてきました。3月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)が予想を下回ったことが嫌気されて、95.455円まで下押し。目先的には13日につけた今週安値の95.44円が意識されていますが、週末ということもあって今後もさらに調整が進む可能性はありそうです。ただ、個人的にはまだドル円の上昇トレンドが崩れたとは見ていません。95円台を維持している限りは淡々と押し目買いで。。。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル円、96.00円にOP

こんばんは、IVです。

ドル円は96円台前半で方向感のない動きとなっていますが、市場では「96.00円にはオプションが設定されており、しばらくはこの水準に収れんしやすくなっている」との声も聞かれました。基本、上サイドを予想していますが、ちょっとじれったい動きですね。

さて、本日のNY市場では21時30分に3月米NY連銀製造業景気指数、2月米CPI、22時に1月対米証券投資動向、22時15分に2月米鉱工業生産指数、22時55分に3月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が発表されます。ドル円は米長期金利との相関性が高いため、米経済指標後の米金利動向を注視したいところですね。

なお、本日は「トリプルウィッチングデー」。米株式市場で株価指数先物、株価指数オプション、株式オプションの3つが満期を迎える日(日本のメジャーSQみたいなもの)ですので、もしかしたら株式相場が荒れるかもしれません。留意しておきたいところですね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ