GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

VIX(恐怖指数)、昨年大晦日以来の高水準

おはようございます、フジモトです。

今日のシカゴ・オプション市場(CBOE)でS&P500種株価指数オプションの値動きに基づいて算出される変動性指数(VIX、恐怖指数)は一時21.32まで上昇。昨年12月31日以来の高水準を付けました。次の節目は昨年12月28日の高値22.72です。

チャートを見ていると、急上昇が一時的なものに終わっている場合が多いですが、今回はどうなるか。米量的緩和の縮小観測という一大事とあって、これまで通りには行かない可能性もありそうです。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル買い再開!

こんばんは、フジモトです。

昨日のFOMC声明では、労働市場の状況についての文言が「いくぶんの(some)改善」から「一段の(futher)改善」に変更されましたが、もうひとつ重要な変更がありました。

「経済見通しの下振れリスクを引き続き見込む(The Committee continues to see downside risks to the economic outlook.)」
         ↓
「経済・雇用市場に対する見通しの下振れリスクは秋以降減少している(The Committee sees the downside risks to the outlook for the economy and the labor market as having diminished since the fall.)」

としており、やはり景気に前向きな見方が示されていました。

さて、市場ではドル買いが再開しています。前週分の新規失業保険申請件数が予想より弱く、利益確定のドル売りが出ましたが、FRBが量的緩和の縮小を約束したなかで、ドルの押し目買い意欲が強かった。5月米中古住宅販売件数や6月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数が予想を上回ったことがわかると、全般ドル買いです。

これからですが、ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシングに向けたフローが活発化するか、2-3時以降にシカゴ筋が出動してくるかに注目しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

そろそろ重要なポイントが

こんばんは、Dice-Kです。

日を跨いでも相変わらずのドル買い相場は継続中。米長期金利が急ピッチで上昇した影響もあって、98.29円まで上げてきました。さて、問題はここからです。先月につけた高値圏に戻すのか、それとも先月からの下落に対する調整に過ぎないのか。
テクニカル面ですと、重要なのは5月22日高値103.74円からの下落分に対する半値戻しの98.75円。ちなみにこの水準付近には一目均衡表の基準線も位置しています。さらに6月10日につけた高値99.29円もポイント。ここあたりを抜けてくれば、再び103円台までの上昇も見えてきます。逆に言えば、このあたりを目処に戻りを売っていくのもメイクセンスです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

とにかく米国株!!!

こんばんは、IVです。

ドル円は夕方に一時98.29円まで値を上げましたが、そのあとはやや伸び悩んでいます。まあ、急ピッチで上げただけにさすがに買いも一服といったところでしょうか。【押し目待ちに押し目なし】状態の日欧市場でしたが、NY市場ではしっかり押し目を狙っていきたいと思います。市場では「マクロ系のファンドなど、しっかりとしたネームが買ってきており、非常に底堅い印象」との声が聞かれました。

ただ、それもこれも“米国株”次第!!!エマージング市場からのマネー流出懸念が高まるなかで、欧州株は大幅に下落。時間外取引でダウ先物は一時130ドルを超える下落となったほか、米10年債利回りは一時2.4514%前後と2011年8月以来の高水準を付けています。エマージングが下げようが何しようが米国株さえ耐えてくれれば問題はないと思いますが、仮に米国株が調整を超える大幅な下げとなると・・・「リスク・オフ」の動きが強まりドル円にも売りが出てくるかもしれません。注意したいところです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

【今夜はどっち?】

外銀インターバンクディーラーの見方

 バーナンキFRB議長が明確に「QE3を年内に縮小した後、来年半ばで終了する可能性」を示した。今まで株の動きに注意してきたが、今後は日米の金融政策の違いに注目することになりそうだ。この観点からいえば、ドル円は再度100.00円を目指す展開となりそうだ。96.50円までの下押しは順次拾っていきたい。ストップロスは96.00円割れに置きたい。

(GI24から引用)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ファンド買い+自民党参院選公約話でドル円は100円へ向け

こんばんは。越後屋です。

ドル円はかっとばしてますねえ。今日中に100円に乗せるのかという勢いです。あいかわらず海外ヘッジファンドからの買いが継続しているらしく上昇に歯止めが利かない状態です。

また、一部通信社が自民党の参院選公約では思い切った投資減税を行い、法人税の大胆な引き下げを実行すると報じたことも買い材料視されたようです。この裏には社内留保に税金をかけるという話があるそうですが・・・
まあそれは後としてとりあえず買いが進んだことは確かです。

現在の上値目処としては基準線98.76円や10日の高値99.29円となります。そのうえになるとまさかの雲上限99.97円となります。昨日の今日で世界が変わりましたね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ノルウェー中央銀行、17時に主要政策金利を発表

皆様、こんにちは、Tamaraです

ノルウェー中銀は本日17時に主要政策金利を発表する。市場では現行の1.5%が据え置かれるとの予想が根強いが、声明文に注目が集まっている。もっともノルゲバンクは過剰なクローネ高を懸念し、2014年初期まで利上げに踏み切らないシグナルを送ったものの、米国量的緩和が縮小する見通しが高まったため、若干タカ派的なトンが強くなる可能性を排除できない。利下げ時期の前倒し可能性を示唆する発言が出れば、クローネ相場全般は底堅く推移することが考えられる。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ