グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

米大統領、財政計画提示へ

こんばんは、IVです。外はずいぶん寒いです。年末年始、体調を崩さないよう気を付けたいところですね。

さて、「オバマ米大統領は本日、規模を縮小した財政計画を提示する」と伝わり、米「財政の崖」をめぐる与野党協議が進展するとの期待が高まったとしてダウ平均が100ドル超安→30ドル安くらいまで下げ幅を縮めました。これにつれる格好でドル円にも買い戻しが入りましたが、戻りは鈍く86円台前半での狭い値動きとなっています。「さすがにこの材料で買い進めるのは難しい」ということでしょうか。

ともあれ、材料がないなかで、きょうも米「財政の崖」に絡んだヘッドラインに右往左往するしかないわけですので、ポジションがある場合は最後まで(朝7時まで)気を緩めずにマーケットに臨みたいところです。30日には米下院が協議する予定となっていますが、日本時間8時30分の予定ですので週末リスクはさほど高くないようにも思えますが・・・。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

シカゴPMI

こんばんは、Mです。
会社の廊下がすでにかなりの寒さ。外はどれぐらいの冷え込みなんでしょうか・・・。

 シカゴ購買部協会が28日に発表した12月景気指数(シカゴPMI)は51.6と11月の50.4から上昇。好況と不況の分かれ目とされる50を上回り、市場予想平均の51.0をも上回る強い結果となりました。

 気になる構成項目の「雇用指数」ですが、今回は52.4と前月の55.2から低下しています。ただ、分岐点の50は維持していますので、悪いということはないようです。そのほかでは「生産指数」が61.7と前月の54.7から上昇、「新規受注」も54.0と前月の45.3から改善しています。

 ヘッドラインも含め、総じて良い結果と言えるでしょうか。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

さすがに利食いでしょう

こんばんは、IVです。関東甲信では29日の明け方にかけて大雪になるところもあるようです。外出の際は十分お気をつけください。

さて、欧州市場ではドル円やクロス円に利食い売りが先行しました。夕刻に本日安値を付ける場面があったようです。30日(日本では31日の朝)には米下院が米「財政の崖」について協議しますので、さほど週末リスクは意識されているわけではありませんが、「さすがに」ということでしょう。個人的にはもう少し調整してもいいのではないか?と思っています。年末接近でさすがにポジションを軽くしたい向きも多いでしょう。日本は明日から休暇入りですが、海外は31日までしっかりあります。NY市場は日本時間の元旦朝7時まで!(つまり我々もということですが・・・)

下サイドのケアだけは忘れないようにしたいところですね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ブレたらダメ

こんばんは、フジモトです。

午後のトレード
86.47円ロング→86.35円ストップ
86.14円ロング→86.10円ストップ
86.01円ロング→85.98円で手動切り
85.94円ショート→86.05円でストップ

1度も利食うことなく、合計30pips損切りしました。最後のスケベショートをした瞬間、買い戻しモードに入っていったドル円。86.31-34円まで上げました。さすがにまたロングで追っかけるのは悔しくて。。。

ドル円を売る理由は「買われ過ぎ」くらいしかないのに、最後でブレてしまったことが敗因ですね。でも下げ足が速くいつもと様子が違ったし、これから1本調子で買われることに疑問が出てきました。ちょっとどうなるかわかりません。20時39分時点で86.15-18円と戻りが鈍かったので86.15円でショート。ストップは86.25円、利食いは86.00円あたりで考えてます。これでダメならちょっと手を出すのをやめます。

さて、ユーロドルもいいところに来ています。ダブルトップのネックラインが21日の安値1.31585ドルで、18日の安値1.3156ドル、17日の安値1.3144ドルも下抜ければ下方向の可能性が高いと見ています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

戻り売りを試したいが

こんにちは、Dice-Kです。
ユーロドルは欧州勢の参入直後に1.3256ドルまで上げましたが、その後は伸び悩み。うーん、市場はあまりやる気がなさそうですね。

ところでユーロドルですが、昨日お話した1.3340ドルのほかに1.3350ドルにもバリアオプションがあるようです。さすがに10p刻みでバリアが並ばれると売りが厚い印象が強いので、この水準の上抜けは厳しそう。やはり戻り売りがベターっぽいです。1.33ドル台まで引きつけられれば最高ですが、昨日の上値の重さを考えると、そこまで上がるのは厳しいかなー。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ブラジルレアル、[ブラ]ブラじり高

皆様、こんにちは、Tamaraです

ブラジル中央銀行はレアル買い介入を続けている。27日のNY時間にドル建てのクレジットライン入札で20億ドルの流動性を市場に供給したほか、28日(本日)も同規模の入札を行う予定を明らかにした。これを受けて、レアル相場は主要通貨に対して上値を試す展開となり、ドル・レアルは先月の上旬以来2.04レアル台を割り込む場面があった。

ただ、一部の市場では「ブラジル中銀が年末特有の流動性の低下を意識してレアル買いを積極的に行い続けているが、1月に入れば、同規模の介入で為替相場の現在水準を維持できるかどうかは疑問が残る」との声も聞かれている。また、ブラジル注意銀が27日に発表した12月1-21日資金流出は70.7億となり、その傾向が続ければ、12月資金流出は年初来最大規模となることも気なるところです。

ドル・レアルの日足チャートを見ると、2.04レアル付近に見られる200日移動平均線が目先のサポート目処として意識されている。仮にこれを下抜ければ、ブラジル中銀の容認レンジ下限とされる2.00レアルが視野に入る。ただ、14日のRSIが「売られすぎ」とされる30ラインに接近していることもあり、足元のレアル相場は上値を伸ばす余地が限定しているとの印象を受ける。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロドル・テクニカル

 こんにちは、翔です。

 ユーロドルはもみあいの動きが続いています。レンジ上限は19日高値の1.33085ドル、下限は25日安値の1.3170ドルです。テクニカル指標を見ても、パラボリックは買いシグナル、RSIは上昇。MACDは横ばい。スローストキャスティクスは下落なり、方向感が定まっていません。

 本日はレンジディールを試してみたいと思います。

※当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ