GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ムーディーズ、ブラジル信用格付け見通しについて冷たいコメント

皆様、こんにちは、Tamaraです

米国格付け会社ムーディーズのレオス・シニア•クレジット•オフィサーは19日のインタビューの中で「ブラジルの勢いのない経済成長や拡大する債務残高を考慮すれば、同国信用格付け見通しを「ポジティブ」で維持することが難しいだろう」との見解を示した。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル円、米系ファンドが断続的に買い

こんにちは、IVです。

ドル円は勝負あった感じですね。日米の金融政策の方向性の違いから円売り・ドル買いが優勢となり、一時97.185円まで値を上げています。米系ヘッジファンドはいち早く買いに動いています。ブルームバーグのチャットには「米系ファンドがずーーーとお買い上げ」との市場参加者の声が。ただ、「国内勢はこんな状況にもかかわらず動いていない。機関投資家は何をしているんだ!?」との指摘がありました。相変わらず動きは鈍いですね。まあ、94円割れの時に日本勢の買いが入り反発したことからも「彼らのタイミングは絶妙である」とも言えますが。

しかし、本日はアジア株の下落がひどいですね。エマージング市場からのマネーの流出が止まりません。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ブラジル中銀の為替介入への警戒感が強まりそう

皆様、こんにちは、Tamaraです

ブラジルレアルは19日のNY為替市場でドルに対して2009年4月以来の安値1ドル=2.235レアルを付けた。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が量的緩和の縮小を示唆したことを受けて、ブラジル資産への海外資金の流入が低下するとの思惑が広がっており、レアル相場の重しとなった。

ただ、ブラジル中銀のトンビニ総裁は前日の議会証言で「ドル高による逆風に対する対応の用意ができてある。為替市場を正常化させる手段がある」との姿勢を明らかにしたことから、足元のレアル相場はブラジル金融当局による為替介入への警戒感に下値が支えられるだろう。

もっとも、ブラジル景気の先行き不透明感や弱気な格付け見通しを考えれば、レアル相場は売られやすい状況がつづきそうだが、週末にかけて、中銀の動き次第で乱高下する場面が目立つ公算が大きい。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

先月と同様に中国経済指標は悪化

こんにちは、IVです。

昨日は注目のFOMC。朝はサッカー日本vsイタリアということで今日のアジア市場は寝不足の方も多いようです。さて、アジア時間の注目だった6月HSBC中国製造業PMI速報値は市場予想を下回る結果となりました。これは先月日経平均が1000円の急落となったときも発表された指標ということもあってかなり市場の注目が集まっていました。初期反応は豪ドル売り・中国株売り・日本株売りでしたが、反応は一時的でした。比較的底堅く推移している印象です。ただ、先月も午後から相場が崩れただけに気は抜けない状況です。

FOMCの結果も踏まえると中国を含め(シャドーバンキング問題とか)エマージング市場の動向が重要になってくると思います。日本株についてはいったん底打ちしたと思っているので【Buy on dips】を継続。ドル円は押し目探しです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

本日東京時間のドル円は・・・

おはようございます。越後屋です。

ドル円は朝から買いが強まっています。

前日のFOMC声明やバーナンキFRB議長の会見でQE縮小観測が高まったことでドル全面高です。また、今日は5・10日ですので、実需のドル買いが意識されている面もあるそうです。

昨日のダウ平均や日経平均先物はさすがに下落しましたので、今日の日経平均株価は下げて始まることが予想されておりますが、下げ止まったときにはまた底堅く推移しそうですね。下値では昨日高値からの戻り安値である96.00円をキープできるかどうかですね。上値は一目均衡表雲下限の97.66円となります。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

20日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>
○08:50 ◇ 対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
○14:00 ◇ 4月景気動向指数改定値

<海外>
○07:45 ◎ 1-3月期ニュージーランド(NZ)国内総生産(GDP、予想:前期比0.5%)
○10:45 ◎ 6月HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(予想:49.1)
○15:00 ◇ 5月スイス貿易収支(予想:24億スイスフランの黒字)
○15:00 ◎ 5月独生産者物価指数(PPI、予想:前月比▲0.1%)
○16:30 ☆ スイス国立銀行(中央銀行)、政策金利発表(予想:0.00%に据え置き)
○16:30 ◎ 6月独製造業PMI速報値(予想:49.9)
○16:30 ◎ 6月独サービス部門PMI速報値(予想:50.0)
○17:00 ◎ 6月ユーロ圏製造業PMI速報値(予想:48.6)
○17:00 ◎ 6月ユーロ圏サービス部門PMI速報値(予想:47.5)
○17:00 ◎ ノルウェー中銀、政策金利発表(予想:1.50%で据え置き)
○17:30 ◎ 5月香港消費者物価指数(CPI、予想:前年同月比3.9%)
○17:30 ◎ 5月英小売売上高指数(自動車燃料含む、予想:前月比0.8%/前年比0.2%)
○21:30 ◎ 前週分の米新規失業保険申請件数(予想:34万件)
○23:00 ◎ 6月ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値、予想:▲21.5)
○23:00 ◎ 6月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数(予想:▲2.0)
○23:00 ◎ 5月米中古住宅販売件数(予想:前月比0.6%/年率換算500万件)
○23:00 ◎ 5月米景気先行指標総合指数(予想:前月比0.2%)
○21日02:00 ◎ 米財務省、30年物インフレ指数連動債(TIPS、70億ドル)入札
○米財務省2年、5年、7年債入札条件
○ユーロ圏財務相会合
○欧州中央銀行(ECB)理事会(最終日、金利発表なし)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

(GI24から引用)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

強気強気強気!

おはようございます、フジモトです。

FOMC声明はほぼ前回と同じ内容でしたが、労働市場の状況について「いくぶんの(some)改善」から「一段の(futher)改善」に文言が変更されました。また、経済・金利見通しでは、2013年失業率見通しが3月の7.3-7.5%から7.2-7.3%、2014年が6.7-7.0%から6.5-6.8%、2015年が6.0-6.5%から5.8-6.2%に下方修正されました。

雇用市場の改善に強気な見通しが示されたことで、QE縮小観測が高まり、低金利長期化観測が後退したことから全般ドル買いが優勢に。

バーナンキFRB議長が定例記者会見で「2013年末までに資産購入ペースを緩め、2014年半ば付近で資産購入を終了する可能性」と発言したこともドル買い材料とみなされました。

ただ、バーナンキ議長は「失業率の数値目標を下方向に調整する可能性がある」「短期金利の引き上げはまだ先」「低すぎるインフレは問題で、低インフレは量的緩和の将来の要因となる」とも述べていて、やはりこの先は経済動向次第といった感じです。

なお、いつも反対しているジョージ米カンザスシティー連銀総裁に加えて、今回はブラード米セントルイス連銀総裁も反対に回りました。理由は「最近の低水準のインフレを考慮すると、インフレ目標を防衛する意思をより強く示すべき」であるため。QEに反対というよりは、インフレに関する文言に反対ということのようです。

いずれにしても、雇用市場の改善を背景にFRBが出口に向かいつつあることは明確になりました。ドルは押し目買いで行きたいと思います。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ