グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

豪ドル円・テクニカル

おはようございます、翔です。

 昨日の豪ドル円は小幅高となりました。スローストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系指標が売りシグナルを示す中、昨日はMACDがシグナル線を下抜け、パラボリックも売りシグナルへ転換することとなりました。一段と下方向への圧力が高まる状況です。となっている。

 本日はしっかりとショートメイクしていきたいと思います。昨日高値の85.93円や3日高値の86.04円が上値の目処になりそうです。

※当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析 のみをベースにした相場見通しとなります。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル円、下サイドへのリスクに注意

おはようございます、フジモトです。

昨日のドル円は米長期金利の低下に押され、一時81.715円までじり安となりました。ただ、11月28日の安値81.68円や11月21日の安値81.65円をサポートとした買いも見られ、下値の堅さも目立ちました。今朝の荻野さん情報によると「81.50-70円にかけて長期の買いが入っている」ようです。

ただ、11月28日の安値81.68円はダブルトップのネックラインになっていて、下抜ければ下値余地が広がります。今晩発表の11月ADP全米雇用報告や週末の11月米雇用統計を前に、足もとのロングが調整される可能性も否定できず、下サイドへのリスクに注意が必要です。

本日はもはや死語と化した「ゴトー日」で、仲値後から下方向に動意付く可能性が高いと思います・・・って9時過ぎからさっそく81.80円まで下げていますが。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

BOC声明

こんばんは。フジモトです。

カナダ銀行(カナダ中央銀行、BOC)は4日、政策金利を1.00%に据え置くことを決めたと発表。市場予想通りの結果となりました。声明で「時間の経過とともに、金融刺激策のいくぶんかの適度な解除が必要とされる見通し」などと言及。これは前回と同様の文言ですが、金融刺激策の解除に前向きな姿勢を示したとしてカナダドル買いが強まる展開に。米ドルカナダドルは0.9920カナダドルの安値まで下げたほか、カナダドル円は82.23円の安値から82.55-60円まで買い戻されました。

BOC声明では「第3四半期のカナダの経済活動は弱かった」「経済の基礎的なモメンタムは以前の予想より若干鈍化するが、経済成長ペースは2013年を通じて上向くと想定される」などとも触れられています・・・まあ波乱はなしです。

ユーロドルが1.3100ドルのバリアオプションを突破したのは、CTA(商品投資顧問)の買い仕掛けだったようです。一時1.31075ドルと10月18日以来の高値をつけました。ただ、10月17日の高値1.3140ドルや9月17日の高値1.31729ドルが重要なレジスタンスとして意識されるなかで、1.31ドル台を維持できず・・・今のところ上値が重いです。1.31ドル台をしっかり維持できれば買い、多少調整すれば「初押しは買い」といきたいところ。

ドル円は・・・82.00円がオファーになってきましたね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

BOC(カナダ中銀)、金利見通しは変わらず

こんばんは。Mです。
先日、卒業して以来初めて母校の大学に行ってきました。さすがに10年以上も経つと知らない建物が増えてましたが、そんな中に自分の学んだ校舎がそのまま残ってるのを見るとちょっとホッとした気持ちになりました。


BOC(カナダ中銀)は4日、政策金利を1.00%で据え置くと発表しました。据え置きは2010年10月の会合から18回連続です。

プレスリリースされた声明では、政策金利の見通しについて「時間の経過とともに、金融刺激策のいくぶんかの適度な解除が必要とされる見通し( Over time, some modest withdrawal of monetary policy stimulus will likely be required)」とされています。

前回10月23日のそれと一言一句変わっていません。言い換えれば、現時点においても”利下げの可能性は選択肢に入っていない”ということでしょうか。

ちなみに、前回の声明文にはなかった「財政の崖(fiscal cliff)」という単語が今回登場しています。

 金融関係者の今年の流行語大賞はこれですよね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

サポートに変わるまで

こんばんは。フジモトです。

RBAは市場予想通り0.25%利下げでしたね。ただ、豪ドルは買われる展開。材料出尽くし感が広がったほか、声明で「利下げは持続的な成長を支援する」「過去の利下げ効果はまだ全面的には見られていない」などの認識が示されたものの、追加利下げを示唆する内容が伝わらず「思ったよりハト派ではなかった」という見方のようですね。豪ドル米ドルは1.0483米ドル、豪ドル円は85.93円まで上昇しました。

さて、ユーロドルが堅調に推移しています。クレディ・スイスによるスイスフラン預金のマイナス金利適用が引き続き材料視され、ユーロスイスが1.2145スイスフランまで値を伸ばした影響を受けたほか、欧州株やダウ先物の底堅さを支えに1.3101ドルとバリアオプションが観測されていた1.3100ドルをわずかに上抜けました。

昨日、一目均衡表雲の上限が位置する1.2991ドルを終値ベースで上抜けており、チャート的には引き続き買われやすい状況。10月17日の高値1.3140ドルや9月17日の高値1.31729ドルが重要なレジスタンスですが、ここを超えれば5月1日の高値1.3284ドルを目指す展開となりそうです。

ただ、22時45分時点では1.3088-91ドルと1.31ドル台での滞空時間はごくわずか。ブル目線ですが、1.3100ドルのレジスタンスがサポートに変わるまで参入は手控えたいです。

昨日入れていればベストなのですが・・・時間は戻りません!

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル円、下げ渋りも・・・

こんばんは、IVです。

ドル円は英系からの売りをきっかけに前日の安値81.99円を下抜けると目先のストップロスを誘発。一時81.87円まで下落しました。ただ、11月28日安値の81.68円が目先下値の目処として意識されると徐々に買い戻しが優勢に。市場では「海外勢の一部は押し目を拾いたいようだ」との指摘がありました。

もっとも、戻りも限定的となっています。たしかに、11月28日の安値81.68円や11月21円の安値81.65円がサポートとして意識されていますが、「上サイドではオプション絡みの売りが出やすい」といいます。やはり頭は重いとみるのが普通でしょう。長期的に視点ではともかく、短期的にはポジションの偏りから調整が入るのが普通なのではないでしょうか。きょうのところは、一目均衡表転換線が位置する82.26円を終値ベースで下回るかどうかに注目したいと思います。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

午後から晴れる?

こんにちは、IVです。朝は雨が降っていましたが、午後から晴れるようですね。

さて、ドル円は「米系が買っていた」との指摘がありましたが、「同じく米系の売りが出た」ということで、じりじり値を下げています。一時82.05円まで下押ししています。もっとも、82円を割り込むほどでもなく・・・。やはり下値は堅い印象です。割とスムーズにポジション調整が行われている印象です。証拠金業者様からのヒアリングでも「個人のポジション調整が進んでいる」との声が聞かれました。「個人投資家は余力がある」ということで、今後下押ししたところではドル円・クロス円に買いが入ってくるかと思われます。

さて、このあとは注目のRBA政策金利発表。ヒアリングしたところでは「マーケットは利下げ7割、据え置き3割」という感じですが・・・果たして。RBAはマーケットの予想外の行動を取ることが多いので、個人的には据え置きも50%のくらい確率であると思っています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ