GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

RBNZ has sold NZ dollar

こんにちは、フジモトです。

ウィーラーRBNZ総裁がNZドル売り介入を実施したことを明らかにし、昨日NZドル米ドルは0.8360ドルまで下落しましたが、本日は0.8482米ドルまで買い戻されてしまいました。「介入実施を受けて海外時間にかなり売った向きがいた」ようですが、今朝発表の1-3月期NZ失業率が6.2%と市場予想の6.8%より強かったこともあり、撤退を余儀なくされたようです。

ウィーラーRBNZ総裁は昨日、「RBNZ has sold NZ dollar」と言っていましたが、過去形ではなく現在完了形であることに違和感がありました。「これまでも売っていた」にもかかわらずNZドルが高いままということは、やはりRBNZのNZドル売り介入は・・・(以下省略)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ブラジルのインフレ率、緩和の兆しが見られず

皆様、こんにちは、Tamaraです

ブラジル統計局が8日に発表した4月インフレ率IPCAは前年比6.49%、前月比0.55%と、いずれも市場予想を上回る数値となったことを受けて、ブラジル中銀による追加利上げへの思惑が再燃し、レアル相場はやや強含んだ。ドル・レアルは0.6%値を下げ、1.998レアルまで売られる場面もあった。ただ、2.00レアルを下抜けると、ブラジル中銀によるレアル売り・ドル買い介入への警戒感が強まり、ドル・レアルの下値が支えられた。

本日はブラジル中央銀行は先週の海外資金流出入を発表する予定(時間未定)で、資金流入が堅調に推移している結果となれば、レアル相場は買い圧力が高まりやすくなる公算がある。一方で、レアル相場のボラティリティを抑制したい意向を明らかにしている中央銀行の反応も気になるところだ。ドル・レアルは4月29日に付けた安値1.991レアルが目先のサポートポイントとして意識されやすい。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

『fifteen』と『fifty』

こんにちは、フジモトです。

昨日はポーランド中銀が利下げ、今日は韓国中銀が利下げと世界的な金融緩和競争が続いています。ただ、昨日はノルウェー中銀が政策金利を据え置いたことで、金融緩和競争に乗らなかった形となり、ノルウェークローネ(NOK)が急伸したようです。

さきほど、Dice-Kが「某通信社が豪新規雇用者数を1.51万人増(実際は5.01万人増)と誤って発表」と書きましたが、市場では「英語表記は『15.1k』と『50.1k』で、どうも『fifteen』と『fifty』を間違えたのではないか」という話になっています。豪ドル買いは続いており、豪ドル円は101.38円、豪ドル米ドルは1.0254米ドルまで上昇しました。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

大荒れの豪ドル

こんにちは、Dice-Kです。

中国・豪統計直後に豪ドルは大荒れとなりました。10時29分ごろフライング気味に中国が4月消費者物価指数(CPI)を発表。市場予想を上回ると、豪州と資源貿易関係の強い中国が金融引き締め方向に動くとの思惑から、豪ドルが下落。ただ、直後の30分に発表された4月豪新規雇用者数は市場予想を大幅に上回ったため、豪ドルはここから一転して上昇しました。さらに言うと、某通信社が新規雇用者数を1.51万人増(実際は5.01万人増)と誤って発表したことで混乱を助長し、豪ドル売りを入れてやられている市場参加者もいるようです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

フィッチはメキシコ債の格上げを発表

皆様、こんにちは、Tamaraです

格付け会社フィッチは8日、メキシコ債の格付けをBBBからBBB+に引き上げたことを受けて、ペソ相場全般は急上昇。ドル・ペソは2011年8月以来の安値11.955ペソまで下落する場面があった。フィッチは声明文の中で外部ショックに対するメキシコ経済の底堅さを評価したほか、「メキシコ政府や議会が経済改革を実施するとの根強い期待が今回の格上げに繋がった」と指摘した。

格上げへの思惑が今週の週明けからじわじわと広がっていたが、完全に相場水準に織り込まれていなかったようだ。足元のペソ相場は買われやすい状況となっている。ドル・ペソの日足チャートを見ると、14日のRSIが「売られすぎ」を示す20ラインにまだついていないことからもドル・ペソは若干下値を伸ばす余地がありそうだ。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル円のオーダー

こんにちは、Dice-Kです。

ドル円はここまで大人しい動きですね。インターバンク勢のオーダー状況を見ると、100.00円以上のストップロスが増えている一方で、98.50円以下の買いがかなり厚くなっているもよう。99.00円付近を挟んで方向感の乏しい動きが続いていますが、市場の視線は少しずつ上方向にシフトしているようです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

9日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>
○08:50 ◇ 4月外貨準備高
○14:00 ◇ 3月景気動向指数速報(予想:一致93.2/先行97.7)

<海外>
○07:45 ◇ 1-3月期ニュージーランド(NZ)失業率(予想:6.8%)
○10:00 ◎ 韓国中銀、政策金利発表(予想:2.75%で据え置き)
○10:30 ◎ 4月豪雇用統計(予想:失業率5.6%/新規雇用者数1万1000人増)
○10:30 ◎ 4月中国消費者物価指数(CPI、予想:前年比2.3%)
○10:30 ◎ 4月中国卸売物価指数(PPI、予想:前年比▲2.3%)
○17:00 ◇ 5月欧州中央銀行(ECB)月報
○17:30 ◎ コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
○17:30 ◇ 3月英鉱工業生産指数(予想:前月比0.2%)
        製造業生産高(予想:前月比0.3%)
○20:00 ☆ 英中銀金融政策委員会(MPC)2日目、終了後政策金利発表(予想:0.50%に据え置き、資産買取プログラムは3750億ポンドで維持)
○21:00 ◎ ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演
○21:30 ◇ 3月カナダ新築住宅価格指数(予想:前月比0.1%)
○21:30 ◎ 前週分の米新規失業保険申請件数(予想:33万5000件)
○23:00 ◎ 3月米卸売在庫(予想:前月比0.3%)
○10日02:00 ◎ 米財務省、30年債(160億ドル)入札
○10日02:15 ◎ プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、講演

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

(GI24から引用)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ