GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

投機筋、円ショート(ドル円のロング)減少

おはようございます、フジモトです。

米商品先物取引委員会(CFTC)がさきほど発表した1月15日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で非商業部門(投機筋)の円の対ドル持ち高は売りと買いの差し引きで6万5727枚の売り越し(ドル円のロング)となったことが明らかになりました。

前週の7万4096枚の売り越しから8369枚の減少。甘利経済再生担当相の「円安は国民生活にマイナスの影響」発言が15日だったので、その分利食いが進んだということでしょうか。しかし、12月11日時点の9万4401枚の売り越しから毎週減少し続けているのは気になります。15日のモーサテで、クレディ・アグリコルの斎藤裕司さんが「売り越しの減少は買い手の変化を表している」を言っていました(http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/market/post_33378/)。短期投機筋から年金などの長期筋に変わっているのかもしれませんね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロ売り一服

こんばんは、フジモトです。

ユーロは売りが一服しています。ECBフィキシング(日本時間22時15分)やロンドン16時(日本時間1時)のフィキシングに絡んだユーロ売りで、ユーロドルは1.3280ドル、ユーロ円は119.38円まで値を下げました。1時45分時点では1.3292-95ドル、119.49-54円と下げ止まっています。

このまま何もなく週末を迎えてくれればよいのですが・・・米国の3連休や21-22日の日銀金融政策決定会合を控えているとあって、引けにかけて動きが出てくるかもしれません。

85-90円の石破レンジは超えましたが、今後は95円の浜田ラインが注目されるとのこと。政府・日銀の共同文書や日銀の金融緩和次第ですが、まだまだ円安は続くのでしょうか。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ポジション調整の動きに・・・

こんばんは、IVです。

本日のNY市場では週末を控えたポジション調整の動きに注意したいところですね。米国は来週月曜日がキング牧師誕生日で祝日となるため、今週末から3連休。くわえて、21-22日には日銀金融政策決定会合が控えています。これまで買われてきたドル円やクロス円などには利食い売りなどが出やすいかもしれません。ドル円について市場では「86.75-90.75円に観測されているダブルノータッチオプションに絡んだ防戦売りが90.20円付近にあるようだ」との声が聞かれており、90円台では上値の重さも意識されます。

なお、本日の経済指標では23時55分に1月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が発表されるほか、GEやモルガン・スタンレーの決算が予定されています。米経済指標や企業決算を受けた米国株や米金利の動向にも注目したいところです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロドル・テクニカル戦略

 こんにちは、翔です。

 昨日のユーロドルは上昇となりました。15日、16日と値を下げたものの、MACDは緩やかな上昇を続けており、パラボリックも買いシグナルが継続しています。15日の動きではボリンジャーバンド(21日間)の2σを維持できずに失速しましたが、再び上値トライしている状況でもあります。

 上方向への動きを期待して、買いを入れてみたいと思います(1.33881ドル)。損切りの目処は5日移動平均線の位置している1.33474ドル。利食の目処は1.3500ドルに迫る展開を期待し、1.34899ドル(損切り幅の2.50倍)を考えています。

売買:買い
エントリー:1.33881ドル
損切り:1.33474ドル
利食い:1.34899ドル

※ 当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。利食い、損切り、どちらにも届かなかった場合は、翌朝の8時にポジションを閉じることを想定しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル円・テクニカル戦略

 こんにちは、翔です。

 昨日のドル円は3営業日ぶりに大幅反発となりました。14日以降、下落を続けていたMACDが再び上昇。シグナル線にサポートされるような動きを見せました。また、パラボリックは依然として買いシグナルを続け、オシレーター系指標であるRSIやスローストキャスティクスは反発の動きとなっています。

 再び、上方向への圧力が高まってきました。5日移動平均線の位置している89.235円を目処に、緩んだところをしっかりと拾ってみたいと思います。(89.709円)損切りの目処は本日安値の89.635円。利食の目処は90.153円(損切り幅の6.00倍)を考えています。

売買:買い
エントリー:89.709円
損切り:89.635円
利食い:90.153円

※ 当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。利食い、損切り、どちらにも届かなかった場合は、翌朝の8時にポジションを閉じることを想定しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

やっぱりユーロスイス

こんにちは、IVです。

アジア市場で動くこと自体が珍しいのですが、ユーロスイスフランが堅調な展開となっています。バリアオプションが設定されていた1.2500スイスフラン、1.2550スイスフランを上抜けて、一時2011年5月20日以来の高値となる1.2569スイスフランまで大きく上げました。市場では「スイスが実質的なマイナス金利を適用していることで、海外ヘッジファンドなどによるスイスフラン建て資産からの資金流出が続いている」との指摘がありました。スイスでは小口のスイスフラン預金にまでマイナス金利を適用することが判明していますので、「ヘッジファンドなどはスイスの株売り→スイスフラン売り」の流れになっているといいます。アジア時間に動いていることについては「取引時間内では間に合わず、この時間になっても取引が続いている」とのことでした。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ポーランド経済指標に注目

こんにちは、Tamaraです

カジミエルチャク・ポーランド中央銀行の金融委員が「中央銀行はインフレ圧力が大幅に緩和したため、追加利下げを続ける可能性があるが、為替相場も考慮に入れる必要だ」との見解を示したことを受けて、ポーランド債の利回りが下落した。一方で、ズロチ相場への影響は限定的だった。ただ、本日22時に発表される12月鉱工業生産販売は弱い結果となれば、ズロチの売り圧力も強まるだろう。市場では前年比6.5%減と、2009年4月以来の弱い数値が想定されている。予想通りかこれよりさえない結果となれば、ユーロを中心にズロチが弱含む可能性がある。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ