FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ドル円、下サイドのリスクに注意

こんにちは、Dice-Kです。

ドル円は97.05円まで下押ししましたが、その後は反発。97.00円付近に何か買いがあるというわけではないんですが、昨日の安値である96.99円が意識された格好です。

ただ、テクニカル面では買いを誘う材料が多くありません。逆に100.00円手前で2度頭を抑えられてダブルトップの形成も意識されていますので、ダブルトップの完成につながる4月16日安値の95.67円を維持出来るかがこれまで以上に重要視されています。米国の経済指標が雇用関連を中心に軒並み悪く、QE3の縮小や早期終了どころか延長されるのではとの思惑もあるなかで、下サイドのリスクが高まっているような気がします。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

1日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>
○10:30 ◇ 3月毎月勤労統計(現金給与総額、予想:前年比▲1.2%)

<海外>
○10:00 ◎ 4月中国製造業購買担当者景気指数(PMI、予想:50.7)
○15:00 ◇ 4月英ネーションワイド住宅価格指数(予想:前月比0.3%)
○17:30 ◇ 4月英製造業PMI(予想:48.5)
○20:00 ◎ MBA住宅ローン申請指数
○21:15 ◎ 4月ADP全米雇用報告(予想:15万人)
○23:00 ◎ 3月米建設支出(予想:前月比0.6%)
○23:00 ☆ 4月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数(予想:50.6)
○2日03:00 ☆ 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表(予想:0.00-0.25%に据え置き)
○2日03:00 ◎ ブロードベント英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
○2日05:00 ◎ ベイリー・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁、講演
○米財務省3年、10年、30年債入札条件
○中国、香港、シンガポール、韓国(労働節)、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン(レーバーデー)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

(GI24から引用)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

竜の巣

こんばんは、フジモトです。

ジブリ映画の中でも「ラピュタ」がお気に入りなんですが、一目均衡表の雲がたまに「竜の巣」に見えて仕方ありません。

飛行船「ポンドドル」号は25日、強い1-3月期英GDP速報値という貿易風を捕まえてエンジン全開。今日にも「竜の巣」の切れ目1.5491ドルを終値ベースで上抜けそうで、ついに「ラピュタ」が見えてきました!

ただ、1日のADP全米雇用報告やFOMC、2日のECB、3日の米雇用統計が「バルス!」となり、「竜の巣」に再び飲み込まれる可能性にも注意を払うべきかなと考えています。

言いたいだけなんですが、ドル円の100.00円は親方のげんこつより固そうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

シカゴPMIショック!

こんばんは、フジモトです。

ニューヨーク市場序盤の為替相場は荒れ模様。月末絡みのフローと見られる怒涛のユーロ買いが入り、ユーロドルが上値を試す展開。目先の上値目処だった19日の高値1.3130ドルを上抜け、1.3180ドルまで急伸しました。

また、4月米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)が49.0と好況と不況の分かれ目とされる50を割り込み、市場予想平均の52.5も下回ったため、全般ドル売りとなっています。

ドル円はシカゴPMIのまさかの50割れ!を嫌気して、97円台後半から97.00円まで一転下落。97.00-104.00円のダブルノータッチオプションはdoneなのか??それとも意地の防戦買いが入ったのか、正直まだわかりません。23時38分時点では97.24-27円まで値を戻しています。

ユーロドルはネックラインとなっている16日の高値1.3202ドルを上抜ければ一段高か。レジスタンスだった19日の高値1.3130ドルがサポートになれば、下押しを拾いたいです。

ドル円は・・・97.00円を明確に下抜ければ、16日の安値95.67円が視野に入り「ダブルトップ」も見えてきそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

月末のフローに注意

こんばんは、IVです。

ドル円は一時97.35円まで下落しています。ただ、昨日の安値97.35円や17日の安値97.21円が目先下値の目処として意識されると、下げ幅を縮めています。市場では「97.00-104.00円にはダブルノータッチオプションが観測されている」との指摘があるだけに、97.00円手前では買いも入りやすいようです。

今年1月には86.75-90.75円のダブルノータッチオプションがマーケットで非常に話題となっただけに、今回も同様にこの水準が意識されます。このオプションの話が“本当ならば”97.00円に接近した場面では防戦買いが入りやすいとみますが・・・。なお、すでに「97.00円のDNTを試しにいっている」との声も聞かれていますので、もし噂だけならあっさりと下抜けると思います。

なお、本日は月末。すでにユーロやポンド絡みの取引では月末に絡んだフローが観測されています。ロンドンフィキシング=日本時間24時には月末に絡んだフローが「ポンッ」と出る可能性がありますので注意したいと思います。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

【今夜はどっち?】

外銀インターバンクディーラーの見方

 連休の狭間とあって本邦実需勢からは目立ったオーダーは観測されていない。ドル円のロングの調整も大方終わりのようであるが、まだ下値を試す動きがありそうだ。今週はイベントが終わるまで積局的にポジションは取りたくないが、97.00円手前で軽く買いたいところだ。ストップロスはタイトに96.50円。

(GI24から引用)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

無理はしない方が

こんにちは、Dice-Kです。

ユーロドルは4月ユーロ圏消費者物価指数(HICP、EU基準)速報値が市場予想を下回ったことで1.3053ドルまで下押ししましたが、売りは一時的でした。欧州中央銀行(ECB)が利下げに動くとの思惑から、ドイツ株などが底堅く推移していることが支えとなったようですが、ECB理事会を前に何とも読みづらい状況となっています。

通常ですと利下げ→ユーロ売りなのですが、利下げ→株高→ユーロ買いという反応になると、どちらに転ぶかなんて動いてみるまで分からないというジレンマに陥ります。HICPを使った今回の実験では後者の反応を見せましたが、本番も通用するかどうか。。。それよりも16日高値の1.3202ドルと24日安値の1.2954ドルのレンジ相場と割り切って、上下ともに抜けたらさっさと撤退という姿勢が良さそうな気がします。明日のFOMC、明後日のECB、3日の米雇用統計とイベントが続きますので、あまり無理はなさらないように。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ