FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

量的緩和(QE)縮小の条件とタイミング

こんばんは、フジモトです。

前週分の新規失業保険申請件数は34万件と市場予想平均の34万5000件程度より強い結果となりました。ドル円は一時買い戻されましたが、戻りは限定的。23時03分時点では101.64-67円とあまり方向感が出ていません。

やはり、今後のドル円は株価動向次第となりそうです。株価に大事なのは米国の金融緩和がいつ終わるかということ。昨日はバーナンキFRB議長が「今後数回の会合」でQEを縮小する可能性に言及したほか、FOMC議事要旨では複数のメンバーが6月のQE縮小に意欲を見せました。

市場では様々な思惑が広がっています。
QE縮小の条件について(今朝のモーサテより)
「非農業部門雇用者数(NFP)が20万人以上」
「新規失業保険申請件数の4週平均が34万件前後」
が数ヶ月続くこと。

QE縮小のタイミングについて
FOMCでバーナンキ会見がある「9月」か「12月」(6月もあるが近すぎる)
バーナンキの2期目の任期が2014年1月31日で切れたあと、新しいFRB議長の就任時

今日の新規失業保険申請件数は34万件でしたので、QE縮小の条件に一応当てはまっています。雇用指標が強いのはいいですが、QE縮小の思惑が高まってしまえば株価にはマイナスなので、難しいところです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

心臓によくない

こんばんは、Dice-Kです。

日経平均株価がナイアガラ状態となった影響で、海外相場も荒くなるんでしょうか。遅番なので起きてみたら1000円安というのは心臓によくない。上昇であれ下落であれ穏やかに進んでもらいたいものです。

さて、こうした株式相場の動向を経たドル円ですが、足もとでは100.83円まで下押ししたものの、現在は101.70円付近まで戻しております。結論から言えば、まだ押し目買い姿勢でいいかなと思っています。米国の金融政策方針は緩和の縮小・解除(ペースはまだ読めませんが)である以上、ドルの上昇は今後も期待できそうです。

ただ、本日の動きを見てもわかるように、依然として調整のリスクを抱えているのも間違いないところ。テクニカル面で見ると4月からの上昇トレンドが本日100.34円まで切り上がっており、ここを割れると調整が加速する可能性もありますので、とりあえず100円台半ばまでは押し目買いを維持してみたいです。なお、この上昇トレンドですが24日は100.56円、来週末にかけて101.64円まで切り上がります。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

NY勢はどうでるか

こんばんは、IVです。

日経平均先物は時間外取引でも乱高下しています。一時1万4000円を割り込み大証終値比で600円下げましたが、なんとそこから怒涛の買い戻し!大証終値比でプラスとなりました。「さすがに日中取引で1000円も下げたから反発するだろう」と思うのは個人的に危険だと思うところです。きょうの下げの理由が分からない限り安易に手出しは出来ません。もちろん、勇気を持って買い向かう人もいるとは思いますが、資金量や精神的余裕が相当ないとデンジャーです。

さて、NY市場では21時30分に米新規失業保険申請件数、22時に3月米住宅価格指数、23時に5月ユーロ圏消費者信頼感指数速報値、4月米新築住宅販売件数が発表されます。市場では日本株相場の暴落を受けたNY勢の出方に注目が集まっています。日経平均を始め全面安となったアジア株、大幅安で始まった欧州株がどこまで米国株に影響するかが焦点でしょう。ダウ先物は時間外取引で100ドル超の下げとなっており、米経済指標次第では現物のダウ平均も下げる可能性があります。もちろん、NY勢はアジアや欧州の流れを【一撃】でひっくり返す力も持っています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

【今夜はどっち?】

外銀インターバンクディーラーの見方

 本日は日経平均の暴落を受けて、ドル円も103円台半ばから急落。NY勢が日経平均の急落にどう反応するのか見たいところだ。チャート的には上値のモメンタムがやや弱くなった感じだ。ただ、ドル高傾向は続くとみており、101.00円割れは一旦は拾いたい。ストップロスは近めで100.50円。

(GI24から引用)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

セルインメイちゃん「ごめん。待った?」

こんにちは、IVです。

きょうの東京市場はとんでもないことになっています。ツイッターでは「きょうは何ショック?」とのツイートが多かったですが、まさにショック!!!日経平均はきょうの高値15945円から安値の14945円まで約1000円の急落。いや暴落!直接的な材料はないなかで、「米国が月曜休みで連休となることから利食いだろう」との声も聞かれていますが、利食いで済ますことのできるレベルではありませんね。しかしボラタイルな相場です。遅れてきた【Sell in May】でしょうか?米国が連休の間は触りたくないマーケットです。それにしても尊敬するベテランディーラーはドル円のショートですでに1円儲けてる・・・さすがとした言いようがありません。

日経平均の分足チャート

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ドル・レアル、2.05レアル水準を上回る、ブラジル金融当局の反応が気になる

皆様、こんにちは、Tamaraです

米連邦準備制度理事会のバーナンキ議長が債券買い入れ規模の縮小の可能性を示唆した影響で、レアル相場は対ドルで1月以来の安値を更新した。市場が注目していたブラジル統計局(IBGE)の5月15日までの1カ月のIPCA消費者物価指数は、前月比+0.46%と、市場予想平均の0.49%下回ったこともレアル相場の重しとなった。

ただ、ドル・レアルは約5ヶ月ぶりに2.05レアル台に乗せたため、ブラジル中銀がレアル買いドル売り介入に踏み切る雰囲気が濃くなっている。中銀の動きや発言(口先介入)に注意が必要だ。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

Oh...ドル円の上にストップ見えた

おはようございます、IVです。

日本株は強いですねー。何が強いって日経平均先物が強い状況です。指数!指数!指数!

そしてドル円も堅調に推移しています。日本の長期金利が急上昇したことで朝方は海外勢がドル円をショートしたようですが、日経平均先物が急騰したことで一転して買い戻しに動いたようです。ドル円は短期的にショートにしているディーラーもいるようで、103.90円から上にはストップロスが観測されています。実需に関しては103円台後半に「ちょろっと売りがある」程度だといいます。昨日もお伝えしたとおり実需筋はドル円の売りオーダーをキャンセルしているようですので、上サイドに行くときは結構速いと思います。なお、昨日は下押しがなかったため、ドル円を買い増すことは出来ず・・・。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ