FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

【今夜はどっち?】

外銀インターバンクディーラーの見方

 日経平均の下落を受けてドル円も99.00円を割れて98.86円まで売られた。月曜日の安値まで下げている。明日の5月米雇用統計を控えて様子見としたいところであるが、テクニカル的に昨年の11月からのサポートラインを引いてみると、98.70円近辺がサポートとなっている。本日は99.00円手前でロングにしているが、買いオーダーが98円台半ばからまとまって観測されているようなので、ストップロスは98.00円割れに離して置きたい。

(GI24から引用)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

FX友の会で参考になった話

こんばんは、フジモトです。

先日参加した「FX友の会 in 東京 2013」では講師の方々からいろいろな話を聞かせていただき、とても参考になりました。

その中でも「ロンドンFX」を運営されている松崎 ODonnell 美子さんの話が特に印象に残りましたので、今日というタイミングもあって書かせていただきます。

今日は英MPCが政策金利を発表しますが、キングBOE総裁にとって最後のMPCとなります。7月1日にはカーニー前BOC総裁がBOE総裁に就任します。なぜカーニー氏が選ばれたかといえば、カナダの金融危機時に銀行を政府支援なしで回復に導いた手腕が買われたとのこと。また、松崎さんによれば英国の不動産市場は着実に回復しつつあり、景気刺激策を打とうとするカーニー氏はもしかしたらやることがないかもしれない。いずれにしても本格的なデビューは8月15日のBOEインフレレポートになるとのことです。

今日はポロズ新BOC総裁の講演もありますので、BOCの新たな政策動向ももしかしたらわかるかもしれませんね。

また、今日はECB定例理事会があります。ECBが中銀預金金利をマイナスにするかが焦点となっていますが、そもそもなぜ量的緩和(QE)ではなく、マイナス金利なのか?これはECBが「銀行」に対する最後の貸し手という存在であって、「国」に対する最後の貸し手ではないからだとのこと。日銀やFRBのようにひとつの国の中銀なら、その国の国債を買うこともできるが、ECBはたくさんの国の中銀であるため、それが出来ない。それでも市場に流動性を供給する手段としてマイナス金利が選ばれたとのことです。

マイナス金利になれば、銀行はECBへの預金額に応じた金利を払わないといけないので、ECBに預けることなく市中にお金が回る算段・・・ですが、そうはいかない。銀行は絶対損をしないように出来ているので、ECBに課せられたマイナス金利分を住宅ローンなど一般向けの金利に上乗せすることで回収するだろうとのことです。そうすれば、逆に市中の金利が高くなってお金が回らなくなる可能性があります。

また、ECBがマイナス金利を導入すればSNBも黙ってはいられない。ユーロスイスの下限引き上げやSNBもマイナス金利を導入するなど、何らかの対策を打ってくるだろうとのことでした。

長文になってしまいましたが、今後の可能性として・・・
・カーニー新BOE総裁はあまりやることがないかもしれない
・ECBのマイナス金利はかえって逆効果になってしまうかもしれない
・ECBがマイナス金利を導入すればSNBも黙っちゃいない

ということですね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

天邪鬼さんのささやき

こんにちは、Dice-Kです。

 

ここからはもっぱらドラギECB総裁の会見待ちとなりますが、彼は何を言うかさっぱりな人なので、ちょっと先取りで明日の雇用統計ネタを。

非農業部門雇用者数変化は現時点で市場予想平均が165000人、予想最大が21万人、予想最小が8万人となっており、1518万人予想が中心のようです。わりと市場予想は無難なもよう。

なお、一部の市場参加者からは「公務員の一時解雇の影響に注目している」との声もありました。ADPと違って非農業部門雇用者数変化は民間部門だけの集計ではないので、公務員の動向にも注目する必要があります。米政府が実施する歳出削減の一環で5月にはレイオフが実施されましたが、「この影響でマイナスとかもあるんじゃないか」という天邪鬼さんのささやきが先ほどから頭を離れません。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ポーランド中銀、7月に追加利下げを示唆?

皆様、こんにちは、Tamaraです ポーランド中銀は5日、主要政策金利を0.25%利下げし、2.75%に設定した。市場の予想通りの決定となった。ただ、ベルカ総裁は同日に行われた会見で「金融緩和をここで終了するとは言い切れない。緩和サイクルが終わりに近いものの、まだ終了のポイントではない」とのコメントをしましたため、市場で「7月の会合で追加利下げが実施される公算が大きい」との見方が高まっている。その影響でズロチ相場は主要通貨に対して値を大きく下げた。ズロチ・円は4月5日以来の安値30.144円まで売り込まれる場面があった。ポーランド経済指標は強い材料が見られず、ズロチが売られやすい状況がしばらく続きそうだ。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ブラジル政府のIOF税の撤廃への反応が限定的

皆様、こんにちは、Tamaraです ブラジル政府は5日から外国投資家が債券など固定金利資産に投資する際に課税されるIOF税を撤廃した影響で、レアル相場は買い戻される場面があったものの、6日のNY市場の後半から売り圧力が再燃した。ドル・レアルは2.085レアルまで値を下げたものの、結局2.13レアル台に買い戻されている。市場関係者からは「今回の外国資金を取り戻す試みが失敗に終わりそうである。そのため、政府は断念した為替介入を再開せざるを得なくなる可能性が高まった」との指摘が聞かれた。週末にかけて、マンテガ財務相や中銀関係者の発言に注意したいところだ。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

トルコリラ、さえない値動きが続く

皆様、こんにちは、Tamaraです トルコリラは主要通貨に対してさえない値動きが続いている。政府関係者は5日、投資家を安心させようとし、前向きな発言を繰り返した影響で、下値が一旦支えられたが、買戻しが限定的となった。現地メディアの報道によると、反政府のデモは即時に終わる兆しがなさそうだ。デモ隊に大手労働組合や一部の公務員が加わったことも投資家の警戒感を強めている。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

雲のねじれ発生

こんにちは、フジモトです。

最近方向感のないユーロドルですが、一目均衡表雲のねじれが明日発生します。今日はECB定例理事会、明日は米雇用統計とあって、荒い値動きには注意が必要ですね。

昨日は終値ベースで1.3090ドルと雲の上限1.3088ドルをかろうじて上回りましたが、明日は雲の上限が1.3046ドル、雲の下限1.3031ドルとなります。個人的にはこのまま雲を上抜けて上昇すると面白いかなと思いますが・・・なにせ今夜のドラギリスクがありますので、様子見が続きそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ