FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

初戻しは売りだが・・・

こんばんは、フジモトです。

いや~ドル円クロス円は荒い値動きになってますね。G7当局者のコメントとして「G7声明は誤って解釈された。声明は円の過度な動きに関する懸念を示唆した」「G7は円の一方的なガイダンスを懸念しており、日本はモスクワでのG20会合で焦点となる」と伝わると、ドル円は一時93.275円まで急落。その後、追随する動きが見られず売り方が買い戻しに動いて93.97-00円まで値を戻しましたが、94.00円付近で頭の重さを確認すると売りが再開。カーニー・カナダ銀行(中央銀行)総裁が「G20で円について協議する可能性は大きい」と述べたことも売り材料視される形で、92.95円の安値まで下げ足を速めました。

まさに「初戻しは売り」だったんですが、様々な思惑が交錯するなかでこれについていこうとすると相当やられそう。G7声明で円を名指しした言及がなかったのに、このG7当局者のコメントは意図的としか感じられない。麻生副総理兼財務・金融相や中尾財務官もだまっちゃいないだろう。そもそも、G7当局者とは誰なのか?昨日ブレイナード米財務次官は日本の政策を支持したし、フランスか!とも思えるが、フランスがこだわっているのはユーロ高で円安ではない?となればドイツ側からの発言か・・・。真相はまだ明らかになっていませんが、週末のG20まで思惑は続きそうです。1円が簡単に動いてしまう相場なので、落ち着くまで待つか、ポジションを小さくするか、とにかくやられないことが勝ちにつながりそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

無理があるでしょ!?

こんばんは、Dice-Kです。

為替市場は一転して円買いです。G7当局者の話として「G7声明は誤解されており、声明は円の過度な動きに関する懸念を示唆した」「G7は円の一方的なガイダンスを懸念しており、日本はモスクワでのG20会合で焦点となる」などと伝わったことを受けて、ドル円は93.275円まで下押ししました。

ただ、思うのですが先ほど伝わった「為替は市場で決定されるべき」「為替市場での行動で緊密に協議することを再確認」などのG7声明から「円の過度な動きに関する懸念姿勢」を読み解くのは無理があるでしょ!?どう読んだら円安警戒にとれるのでしょうか。

さてさて、ブレイナード米財務次官の発言で勝負ありと思われていた円安容認戦争ですが、ここにきて否定派が一気に盛り返してきました。いよいよ、我等が麻生太郎副総理兼財務・金融相の出番でしょうか。真打ち登場を期待したいところですが、失言などしませんように・・・。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

G7緊急共同声明

こんばんは、IVです。となりの記者が連日「メロンパン」を食べていますが、個人的には歯に詰まりまくった記憶しかありません。あと水分を奪われる・・・

さて、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁は12日、「為替は市場で決定されるべき」「為替市場での行動で緊密に協議することを再確認」との緊急共同声明を発表しました。ただ、「日本の円安政策」を直接批判する文言がなかったこともあり、声明発表後はじわりと円売りが強まりました。ドル円は一時94.41円まで値を上げています。

ただ、昨日の高値94.465円が上値の目処として意識されているうえ、94.50円にはバリアオプションが観測されており、上値を積極的に追う状況でもありません。「15-16日に予定されているG20財務相・中央銀行総裁会議までは目先神経質な展開となりそうだ」との声も聞かれています。ドル円は下押ししたところを拾っていくイメージでしょうか?

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

今日も発言警戒デー

こんばんは、Dice-Kです。

20時前になってユーロが堅調。ジョーダンスイス国立銀行(中央銀行、SNB)総裁が「SNBはスイスフランの上限を抑える政策を維持する」「追加的な政策を実施する準備がある」などと発言したことを受けて、ユーロスイスフランが上昇し、ユーロが全面高になりました。なぜ、スイスフラン安じゃないんだという疑問がありますが、これが現在のセンチメントということでしょう。本日は重要指標などの発表がありませんし、今後も要人発言には注意を払いたいところです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

95.00円のバリアは大きいけど

こんにちは、IVです。きょうは気温が全然上がらず寒い一日でしたね。健康管理は徹底したいところです。

さて、ドル円はユーロ円などクロス円の下落につれて一時93.87円まで下押ししましたが、下サイドでは押し目買い意欲が旺盛で、94円台に再び乗せてきました。米国からのお墨付き?をもらってますので、ドル円はまだ上サイドを試す動きが続きそうです。一応、市場では「95.00円には結構大きなバリアオプションが観測されている」との声が聞かれていますが・・・。「こういった節目は突破されるためにある」とのいつも通りのパターンになりそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロドル・テクニカル戦略

 こんにちは、翔です。

 昨日のユーロドルは小幅に買いが入りました。ただ、ユーロ円同様テクニカル指標は売りシグナルが継続中です。MACDは売りが続き、スローストキャスティクスは横ばいになりつつありますが、買い反転はしていません。

 引き続き下方向への動きを想定し、売りを試してみたいと思います(成行:1.33809ドル)。損切りの目処は昨日高値の1.3428ドル。利食いの目処は50日移動平均線の1.32632ドルに迫る展開を期待し1.32632ドル(損切り幅の2.50倍)を考えています。

売買:売り
エントリー:1.33809ドル
損切り:1.3428ドル
利食い:1.32632ドル

※ 当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。利食い、損切り、どちらにも届かなかった場合は、翌朝の8時にポジションを閉じることを想定しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロ円・テクニカル戦略

 こんにちは、翔です。

 昨日のユーロ円は4営業日ぶりに大幅反発となりました。ただ、テクニカル指標は売りシグナルが継続しています。MACDはシグナル線を下回った状態であり、スローストキャスティクスも下落スピードが緩やかになるも、前日比マイナスであることに変わりはありません。

 本日は軟調な展開を想定し、ショートメイクしてみたいです(成行:125.681円)。損切りの目処は126.681円。利食いの目処は123.681(損切り幅の2.00倍)を考えています。

売買:売り
エントリー:125.681円
損切り:126.681円
利食い:123.681円

※ 当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。利食い、損切り、どちらにも届かなかった場合は、翌朝の8時にポジションを閉じることを想定しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ