FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ユーロ円・テクニカル戦略

 こんにちは、翔です。

 昨日のユーロ円は下落となりました。20日にはローソク足がパラボリックに接近し、あわや買い転換か。という場面もありましたが、継続的に売りシグナルが示現。MACDにしてもRSIにしても下落が続いていることに変わりはありません。昨日は一目均衡表基準線にサポートされる動きも見られましたが、15日安値の122.90円を下抜ける動きも確認されました。

 ユーロドル同様、ユーロ円も下方向を見て、きっちり売ってみたいです(成行:123.390円)。損切りの目処は123.890円。利食いの目処は122.390円(損切り幅の2.00倍)を考えています。

売買:売り
エントリー:123.39円
損切り:123.89円
利食い:122.39円

※ 当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。利食い、損切り、どちらにも届かなかった場合は、翌朝の8時にポジションを閉じることを想定しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ユーロドル・テクニカル戦略

 こんにちは、翔です。

 昨日のユーロドルは続落となりました。MACDやスローストキャスティクス、パラボリックやRSIは軒並み売りシグナルになっています。加えて昨日の動きで、一目均衡表雲の上限やボリンジャーバンド-2σを下抜ける動きも確認されました。

 本日も軟調地合いが続くことになりそうです。しっかりと売りを仕掛けてみたいと思います(成行:1.32122ドル)。損切りの目処は1.32622ドル。利食いの目処は1.31122ドル(損切り幅の2.00倍)を考えています。

売買:売り
エントリー:1.32122ドル
損切り:1.32622ドル
利食い:1.31122ドル

※ 当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。利食い、損切り、どちらにも届かなかった場合は、翌朝の8時にポジションを閉じることを想定しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

メキシコ・ペソ相場、売り圧力が高まりやすい状況

皆様、こんにちは、Tamaraです。

メキシコ統計局が21日に発表した12月小売売上高は前年比1.8%減と、3年ぶりの弱い結果となったことを受けて、ペソが大きく売られた。ドル・ペソは12.799ペソに値を上げることもあった。ただ、1月28日や2月11日に試された1ドル=12.80ペソ水準がレジスタンス・ポイントとして強く意識されており、再び12.70ペソ台前半に値を戻している。

もっとも市場では、弱い国内経済指標を背景にして早期利下げへの思惑が強まり、ペソ相場は短期的に売り圧力が高まりやすい。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

麻生さんの頭には

こんにちは、Dice-Kです。

麻生太郎副総理兼財務・金融相は日銀総裁について、「組織を動かしたことがない人は日銀総裁にはふさわしくない」「流暢にしゃべれる必要はないが語学は必要」などと述べています。

麻生さんの頭に英語力に難があり、最近英会話を勉強しているとされている「武藤敏郎・大和総研理事長」があるのは間違いないようですね。

最終的に決定するのは安倍首相ですが、果たして誰が指名されるのでしょうか。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ブラジル・レアルは弱含む、マンテガ財相の発言が重しに

皆様、こんにちは、Tamaraです

マンテガ・ブラジル財務相は21日、「レアル相場がドルに対して2.00レアル付近に安定したため、政府は新しい為替調整措置を実施する必要がない」と表明したことを受けて、レアルが軟調に推移した。ドル・レアルは同日のNY為替市場で2週間ぶりの高値1.9767まで買い上げられる場面があった。市場では「マンテガが1ドル=2.00レアル水準が国内経済にとって適切な水準であると強調したことから、金融当局が更なるレアル高を容認しない」との思惑が広がっている。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

前営業日(2月21日)の売買結果

 おはようございます、翔です。

 前営業日(2月21日)の戦略に沿った売買結果です。

ユーロドル

売買:売り
エントリー:1.32459ドル
損切り:1.32959ドル
利食い:1.31459ドル

・結果
→損切り、利食いともに到達せず、朝8時にクローズ。損益は+48.9pipsでした。

ポンド円

売買:売り
エントリー:141.484円
損切り:141.984円
利食い:140.484円

・結果
→損切りに到達しました。損益は-50.2pipsでした。

※当記事は前営業日に掲載したテクニカル分析に沿って売買をした場合の想定結果になります。最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

RBA総裁の発言で豪ドル買い

おはようございます、Dice-Kです。

豪ドルは朝方からスティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁の発言を受けて上昇。伝わったヘッドラインをざっと並べると、

「豪ドルは金利設定の要因だが、政策の目標ではない」
「インフレ見通しは必要に応じて一段の緩和余地を与える」
「豪ドルは予想よりいくぶん高い」
「多くの金融刺激策が進行中」
「現在の金利水準は適切と感じている」
「豪ドルがさらに下落していないことは驚き」
「豪ドル高のため、政策金利は若干低い」
「豪ドルはやや過大評価されているが大幅にではない」
「現在の豪ドル水準は介入を正当化しない」

とこんな感じです。5日のRBA声明文や8日の四半期金融政策報告と比較してそんなに変化はないと思うのですが、結構反応はきつめでした。市場では「総裁は緩和サイクルの終了を示唆した」という声もあるようですけど、どうでしょう・・・。ただ、個人的には「豪ドルはやや過大評価されているが大幅にではない」は豪ドルにとってポジティブかと思います。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ