FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ユーロ円・テクニカル戦略

 こんにちは、翔です。

 昨日のユーロ円は5営業日ぶりに大幅反発となりました。昨日は高値が121.06円、終値が120.76円となり、共に目先のレジスタンスとして意識されていた18日高値の120.73円を上抜けてきています。ただ、テクニカル指標をみるとパラボリックは買いシグナルを維持していますが、MACDは横ばいとなっており、手放しに買い仕掛けたいという状況とは言い難いです。

 基本は上方向を見て買いを入れつつ、高値追いは避けたいと思います。(成行:120.801円)。損切りの目処は5日移動平均線の119.465円。利食の目処はボリンジャーバンドの2σ122.088円に迫る展開を期待して122.137円(損切り幅の1.00倍)を考えています。

売買:買い
エントリー:120.801円
損切り:119.465円
利食い:122.137円

※ 当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。利食い、損切り、どちらにも届かなかった場合は、翌朝の8時にポジションを閉じることを想定しています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

ポーランド経済指標、弱い数値が相次ぐ

こんにちは、Tamaraです

ポーランド経済指標では弱い結果が相次いでいる。24日に発表された12月小売売上高は前年比2.5%減と、市場予想の1.3増を大幅に下回る非常に弱い結果となった。本日のファイナンシャル・タイムズ紙は「クリスマス時期にも関わらず、小売部門の業績が大幅な落ち込みとなったことは非常に好ましくないシグナルである。今までポーランド経済を支えていた強い内需は圧迫されている兆しが明らかになった」と指摘している。また、同失業率は11月の12.9%から13.4%に上昇し、市場予想の13.3%を上回ったことは、内需低下の要因の一つとなっただろう。先週、ポーランドの鉱工業生産も非常に弱い数値となったこともあり、景気先行き不透明感からポーランド株式やズロチ相場は売り圧力が高まりやすい状況となった。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

南ア・ランド、対ユーロやドルで下落が続いている

おはようございます、Tamaraです

南アランド相場はドルやユーロに対して下落が続いている。ドル・ランドは24日のNY為替市場で4年ぶりの高値9.086ランドを付けた。海外投資家の間には国内景気の先行き不透明感が根強く残っているほか、最大労組コサツが農業部門のストを再開する可能性があると指摘した等が南ア資産全般の需要を圧迫している。また、国際通貨基金(IMF)は23日に2013年南ア経済成長見通しを3.0%から2.8%に下方修正したことはランド相場の重しとなったようだ。

南ア準備銀行(中銀、SARB)は24日、市場の予想通り、主要政策金利を現行の5.0%据え置いた。同時に発表された声明文の中では「景気が減速している中で食料価格の上昇やランド安」に懸念を示したが、サプライズ的な発言が見られず、市場への影響が限定的となった。多くのアナリストはSARBが2014年まで主要政策金利の変更に踏み切らないだろうとの見方を示している。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

仲値までが勝負か

おはようございます、Dice-Kです。

ドル円は前日に2010年6月23日以来の高値となる90.565円まで上昇。本日も朝から買いが入っており、90.695円(2010年6月22日以来の高値)まで上げてきました。海外勢がダブルノータッチオプションの片割れである90.75円突破を狙って買い進めているもよう。ただ、90.70円から90.75円にかけては1銭刻みでまとまった売りが並んでいるようで、現在は伸び悩んでいます。本日はゴトー日でもありますので、仲値までが勝負になりそう。仲値までにつけられなければ、長期戦も覚悟ですかね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

昨日(1月24日)の売買結果

 おはようございます、翔です。

 昨日(1月24日)の戦略に沿った売買結果です。

ポンド円

売買:売り
エントリー:141.549円
損切り:142.019円
利食い:139.199円

・結果
→損切りに到達しました。損益は-47.1pipsでした。

※当記事は前営業日に掲載したテクニカル分析に沿って売買をした場合の想定結果になります。最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

リスクオンの一方で

こんばんは、フジモトです。

前週分の新規失業保険申請件数は33万件と市場予想平均の35万5000件程度より強い結果となりました。また、最近注目度がやや高まってきている1月米製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)も56.1と市場予想平均の53.0を上回り、「リスクオン」の動きが強まりました。ドル円は89.90円まで上昇。ユーロ円はユーロクロスの買いが強まったことも後押しして120.12円まで値を伸ばしました。

ただ、米新規失業保険申請件数が発表された直後、ダボス会議でのメルケル独首相の発言として「日本を為替相場の懸念なしに見ていない」と伝わっています。「ドイツはユーロ圏の固定為替相場によって最も利益を上げた国であり、日本を批判する資格はない」と述べた甘利経済再生担当相とガチンコですね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら

踏み上げられた

こんばんは、IVです。

朝方のマーケットの雰囲気で行った「ドル円ショート」戦略はあっさり、中尾財務官の歪曲された一部通信社の記事で踏み上げられました。その後も各メディアが日本の政府要人の発言を伝え、円安・株高の流れになりました。短期的に調整すると見ていましたが、「調整すら許さない」政府の意気込みを感じ、あえなくストップアウトとなりました。たぶん、ここまま一目均衡表転換線が位置する89.02円は維持できると思いますので、テクニカル的にも上サイドの圧力が高まりそうです。もっとも、例の86.75-90.75円のダブルノータッチオプションがありますので、90円台では戻り売りも出てくるとは思いますが。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告







記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ