こんばんは、翔です。

 週末の豪ドル円は陽線引けとなりました。11月26日に86.44円の高値をつけ、その後は上値の重い展開が続いています。テクニカル指標を見ても、スローストキャスティクスは下落を続けています。MACDも高値圏での横ばいとなっていましたが、ここにきて緩やかに下落し始めています。
 
 週末高値の86.26円を目処に、戻り売りを試してみたいと思います。パラボリックが本日は85.24円に位置していますので、このレベルまで下がると売り圧力が一段と高まりそうです。

※当記事はファンダメンタルズ的な見方を一切排除し、テクニカル分析のみをベースにした相場見通しとなります。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら