皆様、こんにちは、Tamaraです

リチャード・フォックスフィッチシニアディレクターは本日、FTで発表されたコメントの中で、「商品市況への大きなショックを与えるリスクが出なければ、アンゴラ、モザンビークや、ガボンのバランスシートが改善し続けるだろう」との見方を示したが、格上げ条件としてはインフラストラクチャの改善と財政規律の維持を指摘した。一方、ガナ、ウガンダや南アは格下げの圧力が高まる恐れがあると示唆した。

もっとも、フィッチはサブサハラアフリカ(サハラ砂漠以南のアフリカ)の地域全般に2013年の楽観的な経済見通しを示し、2013年当地域平均経済成長率が5%を上回ると予想している。また、格付け対象となっている15カ国の中で9カ国の格付け見通しを『安定的』、3カ国(アンゴラ、モザンビークや、ガボン)の格付け見通しを『ポジティブ』に設定している。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら