外銀インターバンクディーラーの見方

 週末のキプロス救済策に予想外の預金課税が盛り込まれたことを受けて、ドル円は93.45円まで急落した。東京勢参入後は95.00円手前まで戻すものの、日経平均の下げで上値は重かった。今回のキプロスの問題はイタリア総選挙時と違いドルロングがまだいそうなので、ポジションが一巡するまで様子見としたい。(GI 荻野金男)

(GI24から引用)

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら