皆様、こんにちは、Tamaraです

南ア準備銀行(SARB、南ア中央銀行)は20日の金融政策委員会で主要政策金利を現行の5.0%に据え置き、市場の予想通りとなったが、同日に発表した声明文の中で「南ア経済成長を圧迫するリスクが低下したものの、国内インフレ環境が悪化している」と強調した。今回の声明文を受けて、市場では「SARBがインフレ圧力の調整に焦点を置く姿勢を確認したため、年内の利下げの余地が小さい」との見方が広がっている。また、「インフレ率が年内にSARBのターゲット上限である6.0%を上回る可能性が高まったため、南ア金融当局が近い将来にインフレ予測を見直す公算が大きい」との指摘も聞かれた。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら