こんにちは、IVです。

きょうの東京市場では株安・円高が進行しています。サリス・キプロス財務相が「キプロスは要請したロシアの金融支援を得られなかった」「ロシアとの協議は継続しているが、本日キプロスに戻る」などと述べたと伝わると、株安が加速し、リスク・オフの動きが強まりました。ドル円は一時94.54円まで下落。ユーロ円も121.88円まで急落しています。

欧州中央銀行(ECB)のキプロス向け緊急流動性支援(ELA)の期限が25日までですので、25日まではいろいろ駆け引きが行われ、こういったヘッドラインに相場が左右される展開が続きそうです。勝手な予想では月曜日まで下げてギリギリで支援が決まり火曜日に持ち直すか、週末のうちに支援などが決まって月曜は朝から上サイドにいくか。日銀の臨時会合の思惑などもありますので下げてもすぐに戻すのではないか?と思っています。もっとも、「ユーロ圏離脱」や「デフォルト」まで行くとちょっとやっかいですのでリスクヘッジをするor週末はポジションを持たないという戦略でいきたいと思います。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら