皆様、こんにちは、Tamaraです

トルコ中央銀行は10日に行われたレポ入札で市場に20億リラ(約11億ドル)の流動性を供給した。また、同日に発表したデータによると、国内金融機関が借入できる総額が10日時点で163億リラと、前日の135億リラからに拡大した。市場では「中銀は主要通貨に対するリラ高を抑制しようとし、緩和措置を拡大する姿勢を明らかに示している」との見方が広がっており、ベンチマークとされる2年物トルコ国債の利回りが5.82%と、3月12日以来の低水準に下落した。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら