おはようございます、IVです。きょうは良い天気!朝からテンション上がります。

さて、本日の東京市場では8時50分に2月第三次産業活動指数が発表されます。また、12時10分には黒田東彦日銀総裁の講演が予定されています。注目はドル円の100.00円をめぐる攻防。上値の重さが嫌気された場合は利食い売りが先行する公算が大きいでしょう。週末を控えてポジション調整に伴う売りも出やすい状況です。半面、下値では日本と米国の緩和姿勢の差に注目した買いが入りやすいとみています。昨日の安値99.10円や10日の安値98.91円を目処に押し目を拾いたい向きも多いといいます。100.00円を上抜けた水準にはストップロスが断続的に観測されているため、この水準を上抜けた場合は上サイドに値が大きく振れる可能性があります。そのあとは・・・米国時間の動き次第でしょうか。きょうは米イベントが多いですので。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら