こんにちは、IVです。

ドル円は弱含みの展開となっています。日本のゴールデンウィークは円高傾向というアノマリーに今年もなってしまうのか?今後も動向を注視したいところです。また、米国では【Sell in May and go away.】(株は5月に売ってどっか行け)といいます。米国株が調整すれば為替市場もリスクオフ方向(円絡みなら円高方向)になってくる可能性がありま す。米国中心に海外株の動向にも注意が必要ですね。

参考までに米国株の昨年のチャートを貼り付けてみました(赤い枠が5月)。ちなみに2010・11年も下げています(容量の関係で掲載できず)。たしかに5月は調整が進みやすいので、もし円高が進みNYダウも下げると予想するならNYダウのCFDをショートにしてみても面白そうです。ただ、Sell in May and go away.のあとには続きがあり、【But Remember to Come Back in September.】(9月に戻ってくるのを忘れるな)となっていることには留意したいところです。

2012年NYダウ



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら