こんばんは、フジモトです。

NY市場はメモリアルデーで米国勢が休場とあって結局小動き。ドル円は101.10円前後、ユーロドルは1.2930ドル前後で方向感が出ていません。

「カナダ製薬大手バリアント・ファーマシューティカルズは米コンタクトレンズ大手ボシュロムを87億ドルで買収する」と伝わりましたが、2日前くらいから騒がれていたようですし、カナダの企業が隣国のドルのキャッシュを大量に持っていても不思議はなく、米ドル買い・カナダドル売りは活発化していません。

ちなみに、ソフトバンクの米スプリント・ネクステルに対する買収金額は201億ドル。外貨をあまり保有していない企業(つまり内需?)が外国企業をM&Aした際に、為替のフローが発生しやすいように思います。ドル円がかなりの安値圏にあったうえ、話題性もあって連日上昇した記憶がありますが、200億ドルというのがひとつの目安となりそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら