皆様、こんにちは、Tamaraです

エマージング市場では今週、いくつかの中央銀行が行う主要政策金利発表が注目されている。正確な日程が未定ですが、ロシア中央銀行は今月12日までに主要政策金利であるリファイナンス金利や翌日物預金金利とオーバーナイトレートを発表する。また、3日にリクスバンク(スウェーデン中央銀行)やポーランド中央銀行は相次いで政策金利発表を行う。市場ではロシア銀行とリクスバンクは政策金利を据え置くが、ポーランド中銀が主要政策金利であるポーランド基準金利を現行の2.75%から2.50%に引き下げると予想されている。ただ、ロシア中銀は前回の主要政策金利決定を発表した際、インフレ圧力の緩和を示唆する等の金融緩和への傾きやすい姿勢を示したため、4-5日予定されている6月ロシアCPIやコアインフレの結果次第で利下げへの思惑が出やすい。

また、10-11日に行われるブラジル中央銀行の金融政策委員会の前に、同銀行のベンチマークとされている5日の6月IBGEインフレ率IPCAの結果を見極めたい市場関係者が多い。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら