皆様、こんにちは、Tamaraです

1日に発表された7月南アカギソPMIは52.2と、6月の51.6を上回り、強い数値となった。カギソの研究担当者は「今回の改善はランド安が主因であるが、全般的に南ア製造業が直面している市場環境が挑戦的である。需要が不安定である中では投入物価格が比較的に高水準を維持している」との解説を述べた。今回の数値の内訳を見ると、新規受注指数が55と、6月の54から上昇したものの、事業活動指数が前月の52.2から51.8に落ち込んだ事等からも市場の期待を盛り上げさせる内容ではなかった。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら