皆様、こんにちは、Tamaraです

 

先週末にブラジル中銀の600億ドル介入計画を背景に、ドル・レアルは大きく値を下げたが、今週に入り、レアルの売り圧力が再燃した。一部の市場では「今回の措置はドルに対するレアルの下落を引き止めることに不十分である」との思惑が広がっているほか、「ブラジル中銀の現在の金融引き締め策だけで、根強いインフレ圧力を抑制することが難しい」との懸念もレアル相場を圧迫した。


国内経済指標では29日に数多く発表される材料に注目が集まりそうだ。8FGVインフレ率M7月生産者物価指数、7月金融残高、同中央政府財政収支等の結果次第にレアル相場に影響が出る公算が大きい。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら