皆様、こんにちは、Tamaraです

 

ポーランド最大手国営銀行PKO BPは先週末に発表した第2四半期決算発表をした。これによると、経常利益が7.53億ズロチ(約2.34億ドル)となり、第1四半期の15.3億ズロチの結果を大幅に下回った。経営軸の説明によると、「経費を大幅に削減したものの、中央銀行が主要政策金利を過去最低水準で維持している影響を相殺することができなかった」という。金融部門の大幅な業績悪化は中銀の金融政策決定に影響する可能性がある。トルコ中央銀行は4日に主要政策金利を発表する。市場では現行の2.5%が据え置かれるとの予想が根強いが、声明文にタカ派的な発言が目立てば、ズロチ相場が買い圧力が高まる可能性がある。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら