皆様、こんにちは、Tamaraです

ブラジルレアルは4日、ドルを中心に買われる展開となった。ドル・レアルは2.342レアルまで売られる場面もあり、3日間連続の下落となった。市場ではブラジル中銀が実施し続けている600億ドル売り介入措置への期待が高まりつつあるほか、シリア情勢を巡る過剰な警戒感が後退したことは足元のレアル相場を支えたようだ。ただ、ブラジル中銀が本日早朝に発表した8月海外資金流出入は58.5億ドル流出と、流出規模が7月14.5億ドルより拡大し、12月以来の規模となったことから、海外投資家のブラジル資産への需要が依然として鈍いことが伝わっている。本日20時30分に発表されるブラジル金融政策委員会議事録(28-29日分)の内容次第にレアルの上値が抑制される可能性がある。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら