皆様、こんにちは、Tamaraです

 

ブラジル中央銀行は30日(日本時間1日の早朝)に発表した四半期インフレ報告の中では2014年インフレ率見通しを6月時点の5.2%から5.7%に引き上げた。その理由として、主要通貨に対して進んだレアル安を引き上げた。これを背景にして追加利上げへの期待が高まりやすくなりそうだ。また、ブラジル金融当局がレアル安対策を根強く維持するとの見方が広がる公算がある。そうなれば、ドルを中心に足元のレアル相場は買い圧力が高まりやすい展開を想定できる。ドル・レアルは週末に掛けて、再び2.20レアル水準を割り込む公算がある。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら