皆様、こんにちは、Tamaraです

ブラジルレアルは1日のNY為替市場でドルを中心に買われる場面が目立った。一部の市場では「米国の予算危機が一時的で、長引く可能性が低い」との思惑が台頭したほか、ブラジル中銀が前日、2014年インフレ率見通しを上方修正したこともレアル相場を支えた。市場関係者からは「ブラジル金融当局が今後のインフレ動向に対して慎重な姿勢を明らかにしたことから、追加利上げかレアル安阻止対策の強化を想定できる」との声が聞かれた。
ドルレアルは2.20レアル台を割り込む場面もあったが、9月に2回試された2.18レアル付近が意識され、再び2.21レアル台後半まで買い戻されている。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら