皆様、こんにちは、Tamaraです

ポーランド中央銀行のキロヴスカ金融政策委員が辞職したことを受けて、市場では金融政策委員会のタカ派の立場が弱くなるのではとの思惑が台頭しており、ポーランド債の利回りが約2ヶ月ぶりの低水準に値を下げている。ズロチも対ユーロでややさえない値動きを示している。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン