こんばんは、IVです。

欧州市場に入りました。スウェーデンのリクスバンク(中央銀行)がさきほど、政策金利を現行の1.00%から0.25%引き下げて0.75%にすると決めたと発表しました。これは市場の予想通り。ただ、市場の一部では金利据え置きを予想する向きもあっただけに、政策金利発表後にユーロ買い・クローナ売りが優勢となっています。市場関係者からは「事前に思惑的な売りが進んでいただけにショートカバーが強まった」との声が聞かれました(ドル・クローナに売りが出ていたとの指摘もありました)。ユーロ・クローナは17時30分前に一時1ユーロ=9.0065クローナまで下げていましたが、政策金利発表後に9.0788クローナの日通し高値を付けています。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら