こんにちは、IVです。

ブラジルの通貨レアルの下落が顕著になっています。ドル・レアルは24日、一時4.2478レアルまでドル高・レアル安が進み、過去最高値を更新しました。中国景気への懸念を背景に世界的な株安となっていることで、新興国通貨は全般売られやすいうえ、国内政治への不信感も根強いといいます。ブラジル議会は23日、ルセフ大統領が歳出急増回避のために下したいくつかの拒否権行使を支持したものの、今後数年で歳出を拡大させる恐れがある法案の大統領拒否権を認めるかどうかの採決は先送りしました。議会はまだこの採決の具体的な日程を設定しておらず、市場では「大統領の拒否権が覆されるのではないか」との観測が浮上。大統領と議会の対立がより鮮明になっています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら