おはようございます、フジモトです。

ダウ平均が行ったり来たりながら上値の重い展開となり、ドル円も122.80円台まで下がってきました。着実に上値が切り下がっている印象はありますが、米12月利上げが確実視されるなか押し目買い意欲も強い状況です。ドル円ロング派にとっては12月16日のFOMC後の材料出付くしが怖く、どこまで引っ張るかヤメ時が悩ましいところ。12月5日の米雇用統計、12月11日の米小売売上高あたりがポイントとなりそうです。とりあえずは今週末の13日の金曜日で方向感が出ると面白いですが。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら