こんばんは、フジモトです。

対欧州通貨でのドル買い戻しが目立っていますが、特にスイスフランの急落っぷりが目立っており、ドルスイスフランは1時間で100pips上昇しています。どうも市場では「追加緩和が見込まれる12月3日のECB定例理事会を前にSNBが介入したんじゃないか」との見方が広がっています。真偽は今のところ不明ですが、何もないのにこんな動きを見せられたら勘ぐりたくなるのも分かります。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら