こんばんは。越後屋です。

FOMCをきっかけにドル全面安の展開となりましたが、この裏側には先日のG20で主要通貨に対してドル相場をおおむね安定させるという【上海合意】なるものが、非公式に決定されていたという記事が複数の通信社から出ていることが話題になっています。ここ数年のドル高で世界経済の減速懸念が高まり、さらには米国の経済にまで悪影響が及ぶのではとの不安からドル高是正に動くというものです。市場介入ではなく適切な金融政策行動を通じてということらしく、先日のFOMCではまさに利上げペース後退からのドル安につながったわけで今後の金融政策においてドル高とならないような取り組みが出されるとか。特に対ユーロと対円でのドル高を警戒しているらしく、そうなると黒田総裁のバズーカを派手にやることはさらに厳しくなっていくのか。ドル円の重さはこれなのか。真相はわかりません。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら