こんばんは、Dice-Kです。

3月のADP全米雇用報告が強い結果となったほか、米10年債利回りが上昇したこともあって、ドル円は112.60円台まで買い戻されました。また、エバンズ米シカゴ連銀総裁は「4月会合は『ライブ』だが、動けば驚くだろう」「米経済は今年2回の利上げを正当化するだろう」などを言及しています。個人的にはこの辺りがちょうどいいんじゃないかと思いますね。それを「4月利上げ、4月利上げ!」と煽ったり、「再び追加緩和も!」とか極端なことを言うので相場が荒れたんじゃないだろうか。。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら