こんにちは、フジモトです。

黒田日銀総裁は定例記者会見で・・・

「基調としては緩やかな回復を続けている」
「2%達成後ずれ、予想インフレの弱含みが続いているため」
「米大統領選の影響を含め国際金融市場を注意深くみていく」
「物価目標達成、私の任期との間には特別な関係はない」
「物価後ずれの背後には原油価格下落などの事象影響」
「日銀総裁の任命は国会同意得て内閣で決める」
「財政が出ることで金融緩和の強化につながることはあると思う」

などと語りました。物価後ずれと任期中に目標達成できないことについてどう思っているかに質問が集中していました。ドル円は104円台後半で極めて穏やかな動き。「言われるうちが花」といいますが、政策ではなく任期のことばかり聞かれ、市場もここまで無関心となるとなかなか寂しいものがありますね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら