おはようございます。越後屋です。

東京市場が休場で市場参加者は少ないんですが、為替相場は動意付いています。前日のFOMCでは声明文のなかに12月利上げを示唆する文言はなく、発表後こそ方向感はなかったですが、アジア時間に入ると年内利上げへの疑心からかドルを売る動きを進めています。時期的にも大統領選直前のFOMC、そして雇用統計もあと2回残されている状態とあって言及は避けたといったところですね。こうなると大統領選を終えるまではなんとも言えないところ。明日の米雇用統計もよほどの結果にならない限りは無風な気がします。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン