こんばんは、フジモトです。

米10年債利回りの急低下で113.417円までズドンと売り込まれたドル円ですが、今後はダウ平均の200ドル超高で113.80円までバインと反発。その間、米10年債利回りは小動きと主役がバトンタッチした格好です。ドル円は両方から影響を受けてNY時間午後になっても動きが活発です。特にニュースはないですが、イタリア国民投票で大きな波乱がなかったことで欧州の銀行株がここ最近強く、GSなど米国の銀行株も堅調さが目立ってます。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら