こんばんは、フジモトです。

ロシア中銀のナビウリナ総裁は20日、「ロシアのインフレは現時点で4.1%(中銀のインフレ目標は4.0%)」「28日の政策決定会合で0.25%と0.50%の利下げを検討する可能性」との見解を示しました。前回会合の声明では「4-6月期や7-9月期に段階的に金利を引き下げる可能性がある」との認識が示されており、改めて利下げを示唆した形ですが、ドル買い・ルーブル売りの反応は限られました。なお、市場では現行の9.75%から0.25%の利下げが予想されてますが、0.50%利下げを予想するアナリストは現時点で21人中誰もいません。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら