こんばんは、Dice-Kです。

もうご存知の方も多いと思いますが、23日に実施される仏大統領選のおさらいです。

まず、仏大統領選のシステムですが、23日の第1回目の投票で過半数を取れなければ上位2名の決選投票となり、5月7日に第2回目の投票が行われます。今回は第1回投票で過半数を取る候補者は出ず、第2回投票に持ち込まれる可能性が濃厚とされています。

直近の世論調査で見ると、上位4名の支持率はマクロン氏、ルペン氏、フィヨン氏、メランション氏の順番で並んでいますが、4名とも20%前後で拮抗しており、蓋を開けてみなければ分からん状態です。この中でいうと、ルペン氏がEU離脱派、メランション氏が離脱の可能性も含めた反EU派になります。

週明けの為替相場はこの仏大統領選の結果に大きく左右されるはず。上位2名は誰になるのか?トップ通過は誰になるのか?上位2名の間の得票数の差は?などが注目されそうです。仮にルペン氏とメランション氏が両方残った場合(可能性は低いですが)、きついユーロ売りとなるかもしれません。

なお、第1回目投票の大勢が判明するのは日本時間24日3時ごろと言われています。
 

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら