こんばんは。越後屋です。

週明けの海外市場は今のところ大人しい状況。ドル円としては頭が重い状況が続いていますが、市場の注目はやはり6月14日安値108.833円から7月11日高値114.495円の約1カ月での5.6円ほどの大幅リバウンドに対する38.2%押しの112.33円付近を明確に下抜けられるかどうかですかね。下抜けると半値押しの111.66円付近まで下値余地が広がります。という教科書的なことを書いてしまいましたが、ドル円のロングは溜まりに溜まっているので戻りはなかなか鈍そうなことは確かですね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら