こんにちは、Dice-Kです。

豪ドル米ドルは荒い値動きとなっていますね。豪小売売上高の発表前から売りに押されていたのですが、6月豪小売売上高が予想より強い結果となったため、一時0.7956米ドルまで買い戻されました。ただ、同時に公表された豪中央銀行(RBA)の金融政策に関する四半期報告で
「2017年のGDP見通しを下方修正」
「最近の豪ドル高がGDP予想に多少の重しとなる可能性」
「一段の豪ドル高は経済活動やCPIの伸びを鈍化させるだろう」
などの見解が示されると、再び0.7934米ドルまで下押ししています。

1日のRBA声明文でもありましたが、最近はRBAが豪ドル高をかなり警戒している様子が見てとれます。今後もRBAの姿勢には注意する必要がありそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら