こんばんは、Dice-Kです。

注目の米経済指標ですが、米CPIは予想通り、米小売売上高と自動車を除いた指数は強弱まちまちと、何とも言えない結果となりました。ただ、ドル円は米長期金利の低下を受けて一時112.485円まで下押し。目先の下値目処として意識されていた10月31日安値の112.958円を下抜けています。引けまで113円台を回復できないことが確認できれば、いよいよ売りを進めやすい状況になりますね。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら