こんにちは。越後屋です。

韓国ウォンの上昇が顕著になっています。ドル・ウォンは今年のレンジ下限だった1110ウォン付近を明確に下抜けたことでドル安・ウォン高が加速し、17日の外国為替市場では一時1092.68ウォンと昨年9月29日以来の水準まで下落。背景には好調な韓国経済と中銀による利上げ観測が高まっていることにありますね。10月26日に発表された7-9月期国内総生産(GDP)速報値は前期比1.4%増と2010年以来7年ぶりの伸び率を記録。また、昨年7月から12会合連続で金利据え置きが全会一致でしたが、先月の決定会合では1名が利上げを主張していたことが分かりました。李柱烈・韓国中銀総裁も「将来の政策の方向性は利上げ」と述べており、好景気と利上げ観測が韓国ウォンを押し上げる状況となっていますね。

一方で、16日には韓国企画財政省の当局者が「ウォンの対米ドル相場に過度な上昇が見られる。市場を注視している」と述べたほか、中銀がドル買い・ウォン売り介入を行ったとの観測も出ており、今後の当局の対応に注目したいですね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら