こんにちは。越後屋です。

今しがた豪中銀(RBA)が政策金利を発表しました。金利は据え置きでしたが、声明文もほぼ前回と同じ内容となっています。違いはというと

インフレの現状
『a little below』 → 『marginally below』

に変えてきた(日本語では“やや”と“わずかに”)ことと豪ドルが下落しているという文言を追加。そして、

「直近のインフレ指標は中銀の予想に沿っている」

と言及しています。先月24日に発表されたCPIが弱い内容だったことで市場は豪ドル売りに走るなどインフレを懸念していましたが、今回は中銀が特に慌てていない姿勢を示しました。

本来なら豪ドル買いでもいいと思うんですが、今の市場はドル高ムードですし、なんたって市場参加者がいないんで値動きは鈍いです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら