こんにちは、Dice-Kです。

アルゼンチンのマクリ大統領は8日、通貨ペソを防衛するために国際通貨基金(IMF)に対して支援を要請したと発表しました。米国が利上げを続けるなか、足もとでは新興国からの資金流出が続いており、アルゼンチンペソも対ドルで大幅に下落。アルゼンチン中銀は通貨安への対応として4月27日と5月3日、4日に連続利上げを実施し政策金利を40%まで引き上げたものの、8日にはドル・ペソが一時23.2507ペソと過去最高値を更新するなど通貨安に歯止めがきかない状態となっています。同国は2001年にデフォルトに陥り、IMFの支援を経て2016年に国際金融市場に復帰したばかりですが、再び試練を迎えていますね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら