こんにちは、Dice-Kです。

午前の為替相場の主役はやはり豪ドルでした。RBAの金融政策報告でGDPやインフレ見通しなどの下方修正が目立ち、市場は豪ドル売りで反応しました。豪ドル米ドルは1月25日につけた直近安値の0.7076米ドルを下抜けたことが痛いですね。反発の鍵を握るのは米中貿易協議でしょうか。あんまりポジティブな話は伝わってきていませんが。。。
一方、ドル円については特に言うことはありません。様子見継続です。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら