こんばんは、Dice-Kです。

アジア時間の豪ドルほどではありませんが、2月の米フィリー指数はなかなかインパクトのある結果でしたね(予想14.0 結果-4.1)。ドル円は指標発表後に110.57円まで下落したものの、本日は米長期金利がしっかりと上昇していることもあって、現在は下落分を取り戻しつつあります。ここまではわりと指標結果に素直に反応しているので、この後の米経済指標にも要注意です。

○23:45 ◎ 2月米製造業PMI速報値(予想:54.7)
○23:45 ◎ 2月米サービス部門PMI速報値(予想:54.3)
○23:45 ◎ 2月米総合PMI速報値
○24:00 ◎ 1月米景気先行指標総合指数(予想:前月比0.1%)
○24:00 ◎ 1月米中古住宅販売件数(予想:前月比0.8%/年率換算500万件)

ドル円は15日安値の110.26円を下回らなければひとまず大丈夫かなという感じ。一方、上値は14日高値の111.13円が目標になります。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら