こんばんは、Dice-Kです。

どうやらドル円の売りは一服したようですね。米長期金利が低下幅を縮小していることもあり、110.90円付近までじわりと買い戻しが入っています。もっとも、本日は24時からパウエルFRB議長による半期に一度の議会証言が控えていますので、それまでは積極的な動きは見られないかもしれません。現在の状況でFRB議長からドルにとってポジティブな発言が出る可能性は低いと思われますが、それだけにポジティブ発言が出た場合、市場の反応は大きいものになると思われます。ドル円ですと昨日高値の111.24円を上抜けられると112円台も見えてきそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら